WWEの人気レスラー、「サインがチンコにしか見えない」と州から呼び出されてブチギレ動画を投稿

WWEの人気レスラー、「サインがチンコにしか見えない」と州から呼び出されてブチギレ動画を投稿

インスタグラムより

 WWEの人気レスラー、エンツォ・アモーレ(31)が、デラウェア州に怒りを炸裂させている動画をインスタグラムに投稿した。運転免許証に記載されている彼の署名がチンコに見えると問題視されてしまい、作り直すように呼び出しを食らったとのことで、本人は「俺様は小学校の頃から、こう署名してきたんだ!」と大爆発。ファンは「すげぇ!」「チンコだ!」「最高!」と感激している。

 エンツォは、火山が爆発したような個性的な髪形と派手な衣装、そして抜群のマイクパフォーマンスで、世界最大のプロレス団体WWEを盛り上げている。身長が2メートルを超えるビッグ・キャスと長年タッグを組んでいたため、ミニサイズのちょこまかしたレスラーに見られがちだったが、本人も身長は181cmと決して低くはない。大学アメフトで鍛え上げたがっしり体形の、見せ場を心得ているレスラーだ。

 今年はバックステージで襲撃に遭いまくり、その犯人がビッグ・キャスだと判明したためタッグを解消。クルーザー級王座戦に挑戦し、卑怯な手でベルトを奪取した。その後、腹を立てた同階級のレスラーたちからリンチされてしまったが、結局WWEの上層部は彼らのに対し、今後「エンツォに触れたら解雇」と言い渡す。エンツォはマイクを独り占めし、リングの上でほかの選手たちを次々と罵倒し倒して、「今年のクルーザー級マッチのハイライト」だとファンを大喜びさせた。

 そのエンツォが15日、インスタグラムにガチで怒りを炸裂させた動画を投稿。マイクパフォーマンスさながらの絶妙なディストークを展開させ、ネット上の話題をさらったのだ。

 この動画は、デラウェア州の運転免許証を発行するDMV(車両管理局)駐車場に止めた車の中で撮影されたもので、エンツォは口癖である「ハゥ・ユー・ドゥーイング?(みんな元気か?)」とニッコリ笑顔で動画をスタート。直後、舌をレロレロしながら怒りに満ちた表情に変わり「問題があるんだ。デラウェア州だよ! 俺様は最近、忙しくってな。アブダビに行ったり、インドにも行ったしな」と海外遠征にも参加している人気ぶりをアピールした。次にサングラスを外し、「そんな俺様の電話がひっきりなしに鳴るわけよ。でも俺様は出ない。FUボタンを押して、そのまんま留守電につなげる。だって誰からなのか知ってるから。デラウェア州だよ!」と、電話を無視して留守電につなげることを表現する「ファック・ユー・ボタン」ことFUボタンというスラングを口にした。

 続けて、「奴らが何で電話をかけてくるのかも知っている。俺様に出向いて、運転免許証の署名を変更する手続きをしろって言うわけよ。いま、記載されている俺様の署名は、許容範囲を超えてるんだとよ!」と見開いた目をさらに大きくする。

「署名だけじゃなくて、写真も含めて何もかもやり直せって言うわけよ。だから、最高にイケてる髪形で、最高にイケてる態度で登場してやる。なぜなら、俺様は裁判所でも、人生においても、DMVでも俺様自身のスポークスマンであり代弁者だからよ」と語り、「俺様はいつだって勝つ! なぜなら正真正銘のチャンプだから! 唯一の勝者だからな。だから俺様はデラウェア州からどう署名するかなんて指示は受けねぇんだよ!」と大声で叫び、怒りを爆発させた。

 そして、あきれた表情で「俺様は小学校の頃から、この署名なんだよ」と、カメラの前に運転免許証を掲げる。そこには穏やかな微笑みを浮かべたエンツォの写真と、その下に記載された彼の署名があるのだが、どう見ても「チンコと金玉」にしか見えない。しかし、エンツォは「俺様の名前、EAじゃねぇか、デラウェアよ! どう思うよ! ハァ? 何が問題なんだよ、デラウェア!」とヒートアップして、動画は終了する。

 エンツォはこの動画に「俺様は自分の権利、そして、どうやって署名するのか知っている。もうすぐデラウェア州は、それを知ることになる」というメッセージを添えてインスタグラムに投稿していた。車の後方にはチャイルドシートが載せられており、動画も自撮りであることから、プライベートなオフの時間を使い、このDMVに1人で来たものと思われる。

 WWEの人気レスラーは、試合ごとに移動を繰り返して、体を張って試合をしている。つかの間のオフの時間は体を休めたり、トレーニングに費やしたり、家族との時間を過ごしたいだろう。そんな貴重な時間にデラウェアDMVに呼び出されたエンツォは怒り心頭。「くだらないことで呼び出された」と動画を通して、世間に訴えたのだ。

 しかし、署名は確かにチンコに見えるため、ネット上で大爆笑をさらった。メディアもおもしろがって伝えたため、再生数はあっという間に20万回を超えた。1,200以上ついたコメントのほとんどが「すげぇ!」「最高!」と彼の署名と態度をたたえるものだった。

 デラウェア州が問題視している署名は、エンツォの主張通り「E」と「A」を横向きにつなげたようにも見える。小学校低学年児童のようなたどたどしい字で、「小さい頃からこの署名」という本人の主張も信じられなくはない。だが、何の説明もなくこの署名を見せられたら「右向きの水平なチンコ」にしか見えない。しかもチンコの根元の、本人が「E」と主張している部分は睾丸に見え、一段とリアルさを演出している。DMVが「許容範囲を超えている署名」だと判断しても、仕方ないように思えるのだ。

 ちなみに世間に出回っているエンツォのサインは、リングネームのエンツォ「Enzo」とアモーレの「Amore」と読めるサインになっており、チンコ形ではない。彼の本名はエリック・アーントで、本名でサインする時のみこのチンコ形スタイルを取っているものと見られる。

 セレブや著名人の多くが、他人には真似できないような個性的なサインをする。そのため、サインの一部がチンコに見えてしまうケースはこれまでもあり、あのオバマ大統領や人気中堅俳優のトム・ハーディも「チンコになってる!」と世間を喜ばせたことがあるものの、エンツォのサインは、これを超える「チンコサイン」だとネット上は大盛り上がり。「こんなリアルなチンコ形のサインはいまだかつてなかった」「こんなサインを小学生の頃からしてきたのか」と感心さえされている。

 エンツォは、作り直した運転免許証でも同じチンコサインをしているのかはまだ発表していない。しかし、ここまでガチでまくし立てているのを見ると、変えていないのではと多くのファンは推測。DMVでもお得意のトークを繰り広げながら「EとA」だと主張して担当者を言いくるめ、堂々とチンコ形のサインをしたに違いないという声が多数上がっている。

 次に出場する試合で、この運転免許証について語るのではないかと期待するファンも多いが、果たして!?

関連記事(外部サイト)