競泳メダリストと遜色ない…ザック・エフロン弟の肉体に、うっとりする人が続出

競泳メダリストと遜色ない…ザック・エフロン弟の肉体に、うっとりする人が続出

インスタグラムより

 世界中で大ヒットしているミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』に出演するザック・エフロンの4歳年下の弟、ディランのナイスボディっぷりがますます加速してきていると、ネット上で話題騒然となっている。自身のインスタグラムで、オリンピックの競泳メダリストたちと水着姿で並んだ写真を公開しており、かねてより細マッチョだと評判だった体が最高に引き締まって「しなやかで美しい」と大絶賛されているのだ。

 ザック・エフロンは、19世紀のアメリカに実在した伝説的興行師P・T・バーナムが繰り広げるショービジネスを描いた『グレイテスト・ショーマン』で、上流階級の生活を捨て、バーナム(ヒュー・ジャックマン)に弟子入りをし、異人種である空中ブランコ乗りの美女・アン(ゼンデイヤ)と禁断の恋をする男・フィリップを演じている。映画ファンからは「ザックは歌って踊れて演技もできるのだから、肉体美をアピールしまくる『ベイウォッチ』より本作品のほうが見応えがある」「育ちが良さそうな雰囲気を持つザックにとって、当たり役となった」と称賛されており、役者として大きく成長したと高く評価されている。

 そんなザックのインスタグラムにたびたび登場する弟ディランが、今週、自身のインスタグラムに投稿した写真が今、ネット上で大きな話題となっているのだ。

 写真は、コロラド州のコロラドスプリングスにあるオリンピック・トレーニング・センターで撮影されたもの。引き締まった強靭な筋肉を持つ5人の男たちと一列に並んだ、記念撮影ショットだ。

 写っている男たちは全員、2016年リオデジャネイロオリンピックに出場した競泳選手だ。左から、同オリンピック200m平泳ぎ銀メダリストのジョシュ・プレノー、50mと100m自由形銅メダリストのネイサン・エイドリアン、200m自由形銅メダリストのコナー・ドワイヤー、100mと200m背泳ぎ金メダリストのライアン・マーフィー、昨年の世界水泳選手権では背泳ぎで銅メダルに輝いたジェイコブ・ペブリー。誰もがハンパない大胸筋の持ち主で胸板は厚く、腹筋もバキバキに割れている。肩幅も広く、一流アスリートだとよくわかる。

 5人のアスリートたちの右横に立つディランは、1人だけ笑顔を見せている。しかし体は引き締まっており、選手たちに負けていないどころか、トータルで見るとディランの方が上なのではないかと思ってしまうほど完成度の高い筋肉美を持っている。腹筋下のVライン、つまり腹直筋下部をバッチリと鍛えているためキレキレに割れており、「1人だけすごくセクシー」「みんな一流のマッチョなのに、ディランのヘソから下ばかりに目がいく」と、ネット上はお祭り騒ぎとなっているのだ。

 この2日前に投稿したトレーニング動画には「ボストンマラソンに参加するための高地トレーニング」とキャプションが添えられていたので、現在特訓の真っ最中のようだ。昨年9月に開催されたチャリティ・トライアスロンには、写真に写っているコナー、兄ザックとチームを組んで参加しており、コナーに会うためオリンピック・トレーニング・センターを訪問したのだと推測される。

 「ザックのナイスボディなイケメンブラザー」として有名なディラン・エフロンは、1992年2月6日生まれの26歳。カリフォルニア州南部サンルイスオビスポで生まれ育った。ザック同様、育ちの良さが表れた、穏やかな顔のハンサムボーイである。ボディサイズは発表されていないが、有名人のボディデータまとめサイト「healthyCeleb.com」は、身長が178cm、体重は75kgくらいだろうと推測している。

 頭も良く、カリフォルニア州立ポリテクニック大学で経済学の学士を取得している。在学中に書いた論文「カルフォルニア州における映画・テレビ制作の税額控除の調査書」は、今も大学のウェブサイトに掲載されており、優秀な学生だったことがうかがい知れる。

 映画・テレビ業界に関心を持っているディランは、すでにハリウッドで活動を開始している。映画プロデューサー、ラヴィ・メータのアシスタントとして製作に参加しており、ケヴィン・ハートとウィル・フェレル主演のコメディ映画『ゲットハード』(15)、大ヒットドラマ『白バイ野郎ジョン&パンチ』のリブート映画として注目を集めた『チップス』(17)、キャサリン・ハイグル演じる女性の狂気が話題となった『アンフォゲッタブル』(17)には、名前がクレジットされている。俳優としてではなく、裏方として映画界を支えているのだ。

 そんなディランが肉体美で注目を集めるようになったのは、15年から。ザックがツイッターに投稿した、ディランにおんぶされる写真がきっかけだった。2人とも水着姿のトップレスでディランの体形がはっきりわかり、「イケメンの細マッチョ兄弟!」と世の女性たちをときめかせたのだ。

 弟を褒められて気を良くしたザックは、以来インスタグラムにディランとの写真を頻繁に投稿するように。昨年は米アウトドアブランド・コロンビアのスポーツウェアのキャンペーンを兄弟で務め、プロモーション映像で共演した。この映像でディランは、アメリカ陸上競技連盟の公認マラソン大会において3時間5分以内にゴールしないと参加できないボストンマラソンの参加資格を持ち、世界一苛酷だとされるアイアンマンレースでも2回ゴールしたことを明かし、コロンビアスポーツウェアの女社長ゲイル・ボイルはにっこりしていた。

?

Sorry Gert, but we're doing things our way. It's road trippin' time. Watch the full @Columbia1938 road trip now! Link in bio.

Zac Efronさん(@zacefron)がシェアした投稿 - 10月 9, 2017 at 7:16午前 PDT

 ザックとディランが大自然を満喫するこの広告映像は、「兄弟の絆が感じられる」と大好評だった。実際2人の絆はとても深く、ザックが13年にコカイン依存症を治療するためにリハビリ施設入りした後に、そばで見守ってくれていたのはディランだった。薬物やアルコール依存症は専門施設で治療を受けても誘惑に負けて再び手を出してしまいがちだが、ザックはディランに支えてもらい、「兄として絶対に失望させたくない」という強い意識を持って見事克服した。2人は一緒に住んでおり、パーティー好きだったザックがアウトドア志向になったのも、ディランのおかげだと伝えられている。ザックは昨年、人気女性誌「コスモポリタン」のインタビューで「彼女ができたら弟に相談する。的確なアドバイスをくれる。弟がそばにいてくれて、本当に助かってるんだ」と告白。それほどディランを信用、信頼しているのだ。

 彼女といえば、ディランはザックの恋人の妹と交際していたこともある。ザックは『ハイスクール・ミュージカル』シリーズで共演したヴァネッサ・ハジェンズと05年9月から11年2月まで交際していた。そしてディランは、ヴァネッサの妹ステラと08年1月から10年2月まで交際していたのだ。当時は「弟&妹カップル!」「ザック&ヴァネッサのミニバージョンみたいで可愛い!」と世間を騒がせたものだった。

 ステラと破局後は、ナイスボディばかりが話題となり、ディランの浮いた話は聞こえてこなかった。そのため「実はゲイなのでは!?」と、その筋からひそかに期待を寄せられていたが、大々的に報じられないだけでステディなガールフレンドは存在していた。彼のインスタグラムには16年頃からペネロペ・クルス似の美女がたびたび登場しており、昨年6月には「(骨折をして)足を上げられない時、ガールフレンドにパンツをはかせてもらい、すごく助かった」と恋人の存在を公表。今年2月には、この彼女と思われる女性にキスする写真を投稿している。とてもラブラブで、残念ながら、ほかの女性も男性も入り込む隙はなさそうだ。

 好青年として有名なザックだが、ディランは兄を超える好青年のようだ。体を酷使するさまざまなレースに出場する彼が、日々、ひたむきにトレーニングを行い手に入れた肉体美は、最高にプレシャスなもの。だからこそ、多くの人々をうっとりとさせるのだろう。

「俳優として活躍してほしい」と期待する人も多いが、今年もディランはレースに忙しい日々を送るのだろう。ボストンマラソンは4月16日に開催される予定なので、ぜひともチェックしてみてほしい。

関連記事(外部サイト)