クリス・ブラウンの、気絶した9歳のファンへの神対応が素晴らしい!

クリス・ブラウンの、気絶した9歳のファンへの神対応が素晴らしい!

ロイヤリティの存在がいろんな意味のストッパーになるといいのだけど……

 交際していた歌姫リアーナへの暴行事件から、来年で10年。その後付き合った恋人を「殺す」と脅迫し、彼女から「実は交際中にもDVされていたから怖い」と接近禁止令を突きつけられるなど、いつまでたっても“DV男”のイメージを払拭できずにいるクリス・ブラウン。今年5月にも、「コンサートに来ていたファンたちを自宅に連れ込み、強姦パーティーを主催した」と訴訟を起こされ、白い目で見られている。

 暴力事件が多いクリスだが、「愛娘にメロメロのデレ父」という顔もある。セックスフレンドが産んだ愛娘ロイヤリティには、愛情と金を惜しみなくつぎ込み、最初はぎこちなかった小さな娘の扱いも上達してきた。そんなクリスが、コンサートで見せた子どもへの対応が素晴らしすぎると絶賛されている。

 米エンタメサイト「TMZ」によると、現地時間7月18日、クリスは、ニュージャージー州で行われたコンサートでパフォーマンス中、小さな子どもをステージに招き上げた。観客から「TMZ」に提供された2つの動画には、男の子と同じ目線になるようかがみながら歌う、優しい笑顔のクリスが確認できる。男の子は恥ずかしがっているようだが、クリスは男の子の背中に手を回し、ほほ笑みかけるなど、彼をフォロー。小さな手をしっかりと握り、頭をハグし、「君の親はどこかな? あっ、あそこだね」というようなしぐさをする。

 次の瞬間、男の子がふらついたと思いきや、全身の力がガクンと抜けてしまう。遠目に見ても気を失っているのは明らかだが、クリスはパニックになることなく男の子をしっかりと支えた後、優しく抱き上げ、保護者がいるであろう観客席に素早く男の子をパス。そして、何事もなかったかのように弾けるような笑顔でパフォーマンスを続けた。

 クリスはこの動画のひとつを自身のインスタグラムに投稿し、「一瞬、ビビったぜ。この子はレジェンドだな」という文章で男の子が無事であることを示唆。心配していたファンを安堵させた。

 21日、「TMZ」はこの男の子、9歳のパリオン・マッコイが、ハプニングについて説明する動画を紹介した。パリオンいわく、最前列でクリスに向かって手を振っていたところ、ステージに上げてもらったそうで、クリスから「歌おうぜ」と言葉をかけてもらい、握手した次の瞬間気を失ったとのこと。突然気を失ったのは初めてで、憧れのスターにノックアウトされる「スターストラック」に見舞われたのだと断言していた。

 動画には、彼の母も登場。「息子ほどクリス・ブラウンが好きな子はいない。全曲歌って踊れる」「息子はクリスのように良い人間になりたいって。(クリス)は良い影響を与えてくれる」「ぜひお会いして感謝の気持ちを伝えたい」と前のめりで語っていた。

 「TMZ」のコメント欄には、「子どもをさっと支え、大騒ぎされる前にステージから降ろし、何事もなかったかのように笑顔でパフォーマンスを続けるクリスがかっこいい!」「子どもに優しくて、いい人」などと絶賛する声が殺到。「女性ファンがよく気を失ってるだろうから、余裕で対応できたんでしょ」「DV男のクリスがお手本だなんて世も末」という意地悪い声もあるが、「子どもにこんな優しく接することができるなんて、普段娘に深く関わわっている証拠」と好意的な意見が多いようだ。

 コメディアン兼ラッパーであるリル・ディッキーの「Freaky Friday」のミュージックビデオでは、リルの体と入れ替わるというストーリーのもと、コミカルな演技を披露したクリス。曲中には「ロイヤリティの幼稚園があるのに!」と父親の顔ものぞかせるなど、良きパパのイメージも浸透している。愛する娘や彼に憧れる子どもたちのためにも、一日も早く暴力沙汰・訴訟沙汰とは縁を切ってほしいものだ。

関連記事(外部サイト)