「整形なんてしない!」と言っていたジゼル・ブンチェン、完母の代償として豊胸したことを告白

「整形なんてしない!」と言っていたジゼル・ブンチェン、完母の代償として豊胸したことを告白

整形はお好きにすればいいけど、他人の授乳方法について口出すのはいただけない!

 2002〜16年まで「世界で最も稼ぐモデル」の座に君臨していたジゼル・ブンチェンが、来月発売する自叙伝で豊胸手術を受けたことを告白し、話題騒然となっている。

 米芸能誌「People」電子版は現地時間9月26日、10月2日に発売されるジゼルの自叙伝『Lessons:My Path to a Meaningful Life』のプロモーション・インタビュー記事を掲載。

 ジゼルは、2人の子どもたちにそれぞれ1年半ずつ授乳したことで乳房がしぼんでしまったと説明し、「私は常に体形を称賛されてきた。自分が持っている以上のものを期待されているような気分だった」「だから気弱になってしまったの。運動や健康的な食事は自分で意識してできるけれど、子どもたちが右より左の乳房を好んで飲むのはどうしようもないことだったから。ただただ(授乳後の乳房を)左右対称にしたかっただけなの。これ以上、自分の乳房に関して、あれこれ言われたくなかったのよ」と、豊胸手術は究極の選択だったことを吐露した。

 子どもたちが右よりも左の乳房を長時間飲んだ結果、左の乳房が極端にしぼんでしまったというジゼル。これは“母乳育児あるある”なのだが、体が商品のモデルであり、「ブラジルが誇る美乳」として名高かったジゼルとしては、乳房がしぼんだ上に、左右のバランスが悪くなった乳房をどうにかしたいと、悩みに悩み抜いたのだろう。

 ジゼルは豊胸手術を終え、麻酔から目覚めた直後から「私ったら、なんてことしちゃったのかしら」と後悔したという。「自分が知っている体じゃない」と嘆き、「気持ち悪くて仕方なかった。手術してから最初の1年間は、体形が見えないように、わざとダボダボの服ばかり着ていたわ」とも明かした。

 ジゼルは、米国民的アメフト選手トム・ブレイディとの間の長男ベンジャミンを09年12月に、長女ヴィヴィアンを12年12月に自宅のバスタブで出産。自然分娩で、産後は母乳育児に精を出し、米ファッション誌「Harper's BAZAAR」のインタビューで「“生後6カ月間は完全母乳で”を世界共通の法律にすべき」と熱弁。インスタグラムに仕事の準備中に授乳している姿を投稿するなど、母乳育児に強いこだわりを見せてきた。

 しかし、母乳育児は決して楽なものではなく、モデルとして大きな犠牲を伴うものだったことが今回判明。「どんな君でも僕は愛しているよ。どんな君でも美しいし」というトムの言葉に励まされたそうだが、ジゼルは複雑な気持ちを抱えていたようだ。

 実はジゼル、15年に「豊胸手術を受けたのに隠している」と大バッシングされたことがあった。仏パリの病院で美容整形手術を受け、そのことを世間から隠すため、イスラム教の女性が髪と顔を覆い隠すブルカをかぶって通院していると報じられたのだ。ジゼルはずっと「自分の外見は手を加えていないオール・ナチュラル」だと公言。SNSに、ヨガやハイキング、子どもたちとヘルシーな食事をしている写真を大量に投稿し、「美容整形に頼らずとも美を維持できる」とアピールしてきた。08年に英紙「The Daily Telegraph」のインタビューを受けた時、美容整形なんて絶対にしないとも断言していた。

 今回の自叙伝で15年の報道が事実だったことが明らかになり、ネット上では「やっぱり!」「ウソつき!」「極端な母乳育児を推奨しておきながら、しぼんだおっぱいを気にしてたなんて」とバッシングする声が上がっている。

 ジゼルは、今回、自叙伝で自分の弱い部分もオープンにしようと決意し、豊胸手術のほかに、03年に発症したパニック障害に苦しみ、自殺を考えたことも激白。キャリアの初期は多忙すぎて、毎日モカフラペチーノを3杯、ワインを1本飲み、タバコを吸いまくる不健康な生活を送っていたが、「もう自分を傷つけるものはすべて捨てよう」と、当時交際していた俳優レオナルド・ディカプリオもろとも断ち切ったそう。

 先日、イタリア版「VOGUE」の表紙を飾った写真が「画像修正してるんだろうけど、なんか顔が変わってる」「シワを伸ばすために、いじったんじゃないか」とウワサされたばかりのジゼル。アラフォーの彼女が、これからどう変化していくのか? 今後一層、厳しく注目されそうだ。

関連記事(外部サイト)