ニップジー・ハスル銃殺事件の容疑者逮捕! 彼のいとこ2人も銃殺され、ギャングの報復がスタートか

ニップジー・ハスル銃殺事件の容疑者逮捕! 彼のいとこ2人も銃殺され、ギャングの報復がスタートか

殺害されたニップジー・ハスル

 多くの有名アーティストとコラボし、昨年発表したファーストアルバムがグラミー賞最優秀ラップアルバム賞にノミネートされるなど、今後を期待されていたラッパーのニップジー・ハスル。そんな彼が3月31日、自身が経営する衣料品店の前で銃殺された。

 米ニュースサイト「TMZ」によると、ニップジーは店の外で、ある男に向かって「おまえか、警察に密告する野郎って」と声をかけた。地元ギャングの中で、彼が要注意人物だというウワサが立っていたからなのだが、ギャングにとって「最低な裏切り者」という意味の「密告者」と言われた男は、ニップジーに見下され、バカにされたと逆上。いったんその場を立ち去り、拳銃を手に戻ってきて、至近距離からニップジーに向けて発砲した。そして、女性が運転する車に乗り込み逃走した。

 「TMZ」は現場に設置されていた監視カメラの映像も公開。地面に倒れたニップジーに近づき執拗に銃弾を撃ち込んだ上、ニップジーの頭を蹴ってから去る犯人の姿に、激しい怒りを覚える人も。

 ニップジーの地元は、治安が悪いことで知られるカリフォルニア州クレンシャー。ギャングがはびこっており、ニップジーはギャンググループ「ローリン60sネイバーフッド・クリップス」と関係があることを公言。自身のミュージックビデオでも「クリップス」構成員の象徴である青のバンダナを身に着けていた。

 だが、ニップジーは暴力や犯罪を推奨していたわけではない。実際、「クリップス」の敵対グループ、「ブラッズ」と関係が深いラッパーのザ・ゲームともコラボ。4月1日には、地元当局とギャングの暴力根絶について話し合う予定も入れていた。クレンシャーを愛し、子ども、青少年たちのために、地元地区を少しでも良くしたいとさまざまな活動を行い、資金を提供してきた。衣料品店も、地元に貢献したいという思いで経営していたのだ。

 その愛する地元でニップジーが殺害されたことに、全米が大きな衝撃を受けた。ゲームは「眠れねぇ」と真夜中に車を走らせ、「地元で仲間に対してすることかよ!!」と涙声で怒りをぶちまける動画をインスタグラムに投稿したが、クレンシャーの住民たちも今回の事件に強い悲しみと怒りを感じていた。

 1日夜、殺害現場で行われた追悼集会では、銃声のような音に集まった人がパニックとなり、19人もの負傷者が出て救急車が駆けつけた。警察は発砲の証拠は見つからなかったと発表しているが、犯人が捕まらないことによる住民のイラ立ちはピークに達しているだろう。

 ロサンゼルス市警は、すぐにニップジー襲撃の容疑者を特定。1日、エリック・ホルダーという男を顔写真付きで指名手配し、目撃情報の提供を呼びかけた。米ニュースサイト「MTO」は、ニップジー銃殺後に、ホルダー容疑者のいとこ2人が銃殺されたと報道。警察の発表も大手メディアの報道もないが、ニップジーの死の報復として、早くもギャングのルールにのっとった制裁が行われていると報じた。

 2日になると、ホルダー容疑者が現場逃走時に使った車の運転手をした女性が警察に出頭し、「ホルダー容疑者が撃ったことは知らなかった」と説明した上で情報を提供。女性を罪に問われることなくすぐに解放されたが、「MTO」は「この女性もギャングのリンチの標的になっているため、身を潜めている」と報じた。

 同日午後には、ホルダー容疑者の逮捕が報じられた。「MTO」によると、ホルダー容疑者はロサンゼルスの精神科を訪れ、「自分は精神異常者だ。過去48時間の記憶がない」と主張。病院側がすぐに警察に通報し、逮捕された。ホルダー容疑者は過去にも精神科への通院歴はあるものの、ニップジー襲撃を覚えていないというのは疑わしい。

 有罪となって刑務所に入れば、収容されているギャングに殺されるのは目に見えている。だからといってストリートで逃げ続けても、いつかギャングに見つかり殺される。回復する見込みのない精神病だと偽れば医療施設に収容されるため、報復を逃れられると考えたのかもしれない。警察も、ホルダー容疑者は、留置場の雑居房ではリンチ・殺害の恐れがあるとみて、独房で拘束すると発表した。

 4日になり、「TMZ」はロサンゼルス郡地方検事局が、ホルダー容疑者を殺人や銃の不法所持など複数の罪状で起訴したと報じ、有罪になれば終身刑の可能性が高いと伝えた。なお同日、ホルダー容疑者は無罪を主張したそうだ。

 ホルダー容疑者が次に裁判所に出廷するのは5月10日。O・J・シンプソン事件を担当した黒人検事クリストファー・ダーデンが担当するとのことで、どのようにしてホルダー容疑者を追い詰めるのかにも注目が集まっている。

関連記事(外部サイト)