アリアナ・グランデが「PTSDに苦しんでいる」と脳検査の画像を公開するも、ネットは冷ややか

アリアナ・グランデが「PTSDに苦しんでいる」と脳検査の画像を公開するも、ネットは冷ややか

とにかく嫌われるアリアナ

 4月12〜14日と、19日〜21日の2週にわたって開催されるアメリカ最大規模の野外音楽フェス「コーチェラ・フェスティバル」で、史上最年少のヘッドライナーを務めることになった歌姫アリアナ・グランデ。そんな彼女がSNSに投稿した画像が、大炎上を引き起こしている。

 問題の画像は11日に、インスタグラムのストーリーに立て続けに投稿した脳の検査画像。「傑作&ゾッとしちゃう」というメッセージと共に、健康な脳とPTSD(心的外傷後ストレス障害)患者の脳の画像を並べて比較したものと、「冗談じゃない」という一言と共に掲載した自分の脳画像。アリアナの脳がPTSD患者の脳に似ていることが素人目にもわかる。

 コーチェラのヘッドライナーに抜てきされ、発表する曲が軒並み音楽配信サービスのランキング上位に食い込むなど人気絶頂の彼女だが、深い苦しみも抱えている。

 2017年5月22日、イングランド北西部にあるマンチェスター・アリーナでのコンサート終了直後に、自爆テロ事件が発生。彼女のファン22人の命が奪われ、100人以上もの負傷者を出した。アリアナは昨年、この事件でPTSDを患ったことを激白。英ファッション誌「VOGUE」18年7月号のインタビューで、「認めるのは嫌なんだけど、まさしく(PTSDの)症状が出ていたわ。みんなに(PTSDだと)言われたし」「話すのはつらい、だって途方に暮れるような喪失感に見舞われているのは私だけじゃないから。でも、(自分がPTSDなのは)紛れもない事実なのよ」「自分の体験については語らない方がいいんじゃないかって思う。私は何も話すべきじゃないって。泣かずに話せる日なんて来ないと思うし」と、苦しい胸の内を明かした。

 今回公開した脳画像の撮影時期は不明だが、おそらく最近のもので、爆破テロ事件から2年近くたった今もPTSDに苦しんでいること、PTSDは深刻な病であることを伝えたいのだと、複数の米メディアは一斉に報じた。

 昨年、元交際相手のマック・ミラーがアリアナに振られた悲しみで薬物を乱用し、過剰摂取で亡くなり、アリアナのSNSには「おまえがマックを殺したんだ」といったメッセージが大量に寄せられたことで、PTSDを悪化させたとみる人が多い。一方で、ニュースサイトのコメント欄には「また、悲劇のヒロイン?」と、アリアナをバッシングする意見が殺到。

 米ニュース専門チャンネル「FOX News」電子版の該当記事のコメント欄には、「アリアナに脳があることにびっくり!」「“私を見て!”症候群だね」「精神的に弱くて、自分のことばかりに夢中になってる人の脳画像なんて、こんなものでしょ」と、アリアナを見下す意見が1600以上も書き込まれている。米大型掲示板「Reddit」にもスレッドが乱立し、「彼女が受けてるセラピーの効果が全くないってことだよね」「無理しないで1年くらい休んだらいいのに」と心配するファンの意見も書き込まれたが、ツイッターを含めてネットではアリアナを叩く声が圧倒的に多い。

 もともとアンチが多いといわれているアリアナ。12〜14年に彼女とくっついたり離れたりしていたコメディアン、ジェイ・ブルックスの「浮気された」という告発がきっかけで嫌いになった人、10〜13年に放送されていた人気青春コメディ『ビクトリアス』が放送終了した際、アリアナが「(共演者で主役の)ヴィクトリア・ジャスティスが(番組より)ソロツアーを選んだから」という内容のツイートをし、仲間の悪口をネットに書き込むアリアナに嫌悪感を持った人など、アンチ歴が長い人もおり、炎上しやすいセレブとなっている。

 今回の件についても「マンチェスター爆破テロ事件が起こった日に投稿するのならわかるけど、このタイミングでの投稿はコーチェラ前の話題作りと思われても仕方ない」「PTSDをフェスの話題作りに使うのは不謹慎」と批判する声もあるが、アリアナがPTSDなのは紛れもない事実。心ないアンチの意見が耳に入ったら、ますます心を痛めてしまいそうだとファンは深く心配している。

関連記事(外部サイト)