ジャスティン・ビーバーが、自殺願望やハードドラッグの使用などの“若くしてスターになった人ゆえの闇”を激白!

ジャスティン・ビーバーが、自殺願望やハードドラッグの使用などの“若くしてスターになった人ゆえの闇”を激白!

あゆのように「魔法のiらんど」風味にならないのは、宗教というベースがあるから?

 13歳の時に、YouTubeに投稿していたパフォーマンス動画がのちのマネジャーとなるスクーター・ブラウンの目に留まり、とんとん拍子にレコード会社と契約したジャスティン・ビーバー。15歳でデビューするやいなや、すぐさま世界的スーパースターとなった。しかし、徐々に私生活が荒れていき、奇行やアルコール/薬物絡みのトラブルを起こして、世間に白い目で見られるように。女性関係も派手になり、「最愛の人」といわれていた歌手のセレーナ・ゴメスとは破局と復縁を繰り返し、ますます精神的に不安定になっていった。

 もともと敬虔なクリスチャンだったジャスティンだが、セレブに絶大な人気を誇るヒルソング教会に通い始めてから徐々に落ち着きを取り戻す。昨年には、ジャスティンと同じように信仰心の厚いモデル、ヘイリー・ボールドウィンと電撃結婚。ジャスティンのうつ病治療のために何度も延期となっていた結婚式だが、状態が安定したこともあり、この9月中に行われると報じられている。

 まだ25歳ながらも激動の人生を歩んできたジャスティンが、2日、「読んでくれる時間があるといいな。心を込めて書いたから」というメッセージを添え、インスタグラムにその半生を振り返った長文を投稿した。

 文章は「自分の人生、過去、仕事、責任、感情、家族、お金、人間関係に打ちのめされ、精神的に参っている時、前向きな気持ちでベッドから起き上がることが、どれだけ大変か」という嘆きから始まり、「次から次へとトラブルが起きるような感覚に襲われて」「“失望に次ぐ失望”を感じ続けるサイクル」に陥ったという日々を回想。「時には、もうこれ以上、生きるのは嫌だと思うところまで行っちゃうんだよね」と自殺願望があったことを明かした。そして、「みんなが知っている通り、僕にはたくさんのお金がある。服も車も、栄誉も業績もあるし、賞だって獲得した。でも満たされていなかった」と、当時の心境を明かした。

 「子どもの時にスターになった人たちがどのような人生を送ったのか、その成れの果てがどんなものか、気に留めたことはない? まだ十分に発達してない子どもの脳、感情、(行動の選択を行う)前頭葉に、狂気的なプレッシャーや責任を押し付けられるんだよ」と、スターが味わう“深い闇”について淡々とつづる。

 続けて、「(レコード会社と契約した後の)たった2年の間に、僕はウルトラ級の成功を収めた。僕の世界はひっくり返ったよ。小さな町で育った13歳の少年が、あらゆるところで称賛されるようになって。世界中の何百万という人たちから、どれだけ愛しているか、どれだけ素晴らしいかと褒められるようになったんだ」と、10代前半で人生が激変したことを振り返った。

 周囲の人が自分のためになんでもやってくれるため、「僕は、責任とは何なのかという基本的なことを学べなかった。18歳になった僕が、現実世界で生きるスキルはゼロ。でも何百万ドルも持っていて、欲しいものはなんだって手に入れることができた。これって本当に怖いことなんだよ」「20歳になり、僕は思いつく限りの悪事をやりまくった。世界で最も愛され、憧れられていた人物だったのに、世界一の笑い者になり、批判される、嫌われ者になったんだ!」と、ちやほやされる世界的スターの非日常的な環境が、自分をダメにしたのだと分析した。

 また、「研究によると、ステージに上がることは、ほかのどんな活動よりも多くのドーパミンが放出されるらしいんだ……(パフォーマンス中と、その後の)激しいアップダウンをコントロールするのは、ものすごく難しいことなんだよ。ツアーをするバンドの多くの人たちが薬物乱用に陥ってしまうけど、それはエンターテイナーという仕事に伴う、激しいアップダウンをコントロールできなくなってしまった結果だと思う」と見解を示した。

 「僕は19歳の時にかなりハードな薬物に手を出すようになり、人間関係すべてをめちゃくちゃにした。腹を立てては、女性に無礼な態度を取った。僕を愛してくれるみんなと距離を取り、最低な人間となった自分の殻にこもるようになった。もう元に戻ることなんてできないと思っていた」と、荒れに荒れていた時期のことを素直に明かした。しかし、神と周囲の人の助けにより「最悪な時期」から脱し、「今、僕は人生における最高の季節、“結婚”の舵を取っている」「忍耐、信頼、義務、思いやり、謙虚、いい人間になれるすべてのことを学べるのも結婚だ」と、結婚は人間を成長させる素晴らしいものだと力説。

 最後に、「勝ち目がなくなっても闘い続ける。イエス・キリストはあなたを愛してくださる…… 今日も親切になろう。今日も勇敢になろう。今日も人々を愛そう」と、1億2,000万人近いフォロワーに呼びかけた。

 この投稿はたちまち350万を超える「いいね!」を集め、パトリック・シュワルツェネッガー、マイリー・サイラス、クロエ・カーダシアンら多くのセレブが称賛するコメントを残した。ジャスティンをずっと支え続けてきたマネジャーのスクーターも「誇りに思うよ」とコメントしている。

 ネット上でも、「どうしようもないクズだったのに、よくぞここまで回復できた」「ヒルソング教会にハマりすぎてて心配だったけど、きちんと改心できたようでよかった」などと安心する人が多く、「これなら計画通り、今月中に挙式できそう」と期待する声も。

 気になるジャスティンとヘイリーの挙式だが、9月30日にサウスカロライナ州で執り行われるよう。ヘイリーの父親で俳優のスティーヴン・ボールドウィンは、「大勢の牧師やクリスチャン仲間に囲まれた、宗教色の強い式になる」と発言。ヘイリーのモデル友達や、2人が参加したこともある日曜礼拝の主催者カニエ・ウエストら、非常に豪華なメンツが集まるのではないかと注目されている。

関連記事(外部サイト)