来日したトム・ハンクス、老舗そば店での自撮りが日本になじみすぎていると好評!

来日したトム・ハンクス、老舗そば店での自撮りが日本になじみすぎていると好評!

来日したトム・ハンクス、老舗そば店での自撮りが日本になじみすぎていると好評!の画像

 『フィラデルフィア』(1993)、『フォレスト・ガンプ/一期一会』(94)、『ダ・ヴィンチ・コード』(2006)などの大作映画の主演を務め、還暦を迎えてもハリウッドの第一線で活躍し続ける名優トム・ハンクス。日本でもうすぐ一般公開される『ハドソン川の奇跡』でも、主役を熱演している。

 『ハドソン川の奇跡』は、09年にニューヨークで実際に起こった旅客機事故を題材に、クリント・イーストウッドが監督した話題作。制御不能に陥った旅客機をハドソン川に不時着させ、乗客乗員の命を救って「英雄」と持ち上げられたものの、疑惑がかけられ殺人未遂容疑者になってしまった機長の過酷な運命を描いた作品で、9日に一般公開されたアメリカでは2週連続して全米週末興行成績トップに。トムは、この役で3度目のアカデミー賞を獲得できるのではないかと期待されている。

 そんなトムが共演者のアーロン・エッカートと共に、作品のプロモーションのために14日に来日。15日に開催されたジャパン・プレミアで、スペシャルゲストとして登場した歌舞伎俳優の市川海老蔵から名前入りちょうちんをプレゼントされ、「アーロンの方が字が多いな」と言いながらも大喜び。「日本のジェームズ・ボンドだね」とべた褒めした海老蔵のスマートフォンでツーショット自撮りに応じるなど、終始ご機嫌だった。

 16日には、ザ・リッツ・カールトン東京で行われた記者会見に出席。『ハドソン川の奇跡』の旅客機に実際に乗り、事故に遭った日本人と対面し驚いたり、上映されたクリントのビデオメッセージを見てジョークを放ちつつも撮影秘話を語り、会見を大いに盛り上げた。

 トムとアーロンはほかにもマスコミの取材を受け、多忙なスケジュールをこなしていったのだが、そんな中、夕食に「神田まつや」という老舗そば店を訪問。隣の席にいたほろ酔い気分のサラリーマンのおじさんたちを中央に入れ自撮りをし、SNSに投稿したのだ。おじさんたちは、手を上げたりピースをしたりと、ニコニコ上機嫌。トムもうれしそうな表情で写真の中に収まっており、たちまち40万を超える「いいね!」が集まった。

 実はトム、タイプライター収集家としてだけではなく、近年は「自撮り大好きセレブ」として知られている。堅い役を演じることが多いトムだが、実はとてもチャーミング。自撮りがブームになった時も、すぐに飛びついたのだ。13年には、米映画芸術科学アカデミー協会主催の「ガバナーズ・アワード」で、名誉賞を受賞した俳優スティーヴ・マーティンのプレゼンターを務めた際、受賞スピーチを始めたスティーヴの横に忍び寄り、おどけた顔でツーショット自撮りをし、話題に。

 14年にはプロアイスホッケーを観戦中に『The O.C.』のベンジャミン・マッケンジー、『ヴァンパイア・ダイアリーズ』のポール・ウェズレイ、『ウォーキング・デッド』のスティーヴン・ユァン、マイケル・カドリッツ、チャド・コールマンらテレビ界で活躍している俳優たちとセルフィーを撮影。ネット上で「豪華すぎる!」「夢の共演!」と話題になった。

 昨年、デイヴィッド・レターマンの深夜番組にゲスト出演した際には、自撮りスティックを持参し、トークの最中にパチリ。観客や番組のバンドマンたちとも一緒に自撮りするなど、ご機嫌な写真が話題を集めた。

 プロモーションの合間に自撮りすることもあり、今回来日中にも、日本テレビ系『ZIP!』のインタビュー中にアーロンを入れて自撮りした写真をSNSに投稿している。

 もちろん、プライベートタイムの自撮りも充実。妙な看板の前で困った顔をする自撮り写真や、ドイツ観光中のウキウキな自撮り写真もあり。自撮りではないが、訪れたレストランやバーなどでファンや従業員たちとの写真撮影にも気さくに応じてくれる。ピザ店で出会った泥酔した若者を指さして爆笑したり、神妙な顔でポーズを撮るおもしろ写真撮影も快く受け、ネット上で盛り上がったことも。「世界的大スターなのにお高くとまらない、素敵なセレブ」なのである。

 そんなことから、トムが自撮りした写真はネット上でたくさん見ることができるのだが、今回の「神田まつや」での自撮りは、「今までの中で最高!」「なじみすぎ」と好評。海外の人からするとお堅いイメージがある、日本のサラリーマンがリラックスしている一瞬を捉え、なおかつトムがその空気に溶け込んでいるからだ。インスタグラムでは、同店に偶然居合わせていた客が撮影した「くつろいでいるトム」の写真も見ることができるのだが、この写真のトムも、いい味を出している。大スターの貫禄はあるのだが、リラックスしているからか、後方の和風な窓格子が、とても似合っているのだ。親日家であるため、ここまで日本の空気に溶け込めているのかもしれない。

 なお、トムには「道に片方だけ落ちている手袋や靴」を見るとたまらなくなるという奇癖があり、トムのインスタグラムでは、その手の写真が3分の1ほどを占めている。気さくなハリウッドの大スター、トム・ハンクスのSNSには、今後もおもしろ写真が続々アップされそうだ。

関連記事(外部サイト)