キム・カーダシアン、前は見える…?“顔まで”黒づくめドレスで視線奪う<メットガラ2021>

キム・カーダシアン、前は見える…?“顔まで”黒づくめドレスで視線奪う<メットガラ2021>

キム・カーダシアン/Photo by Getty Images

【モデルプレス=2021/09/14】ファッション界最大の祭典「コスチューム・ インスティテュート・ガラ」(通称:メットガラ)が、現地時間13日(日本時間14日)に米ニューヨークのメトロポリタン美術館で開催。米モデルのキム・カーダシアンが奇抜ファッションで会場を驚かせた。

◆キム・カーダシアン、“顔まで”オールブラックファッションで登場

同イベントの常連で、毎回人一倍インパクトのあるファッションで注目されるキム。

今回は顔まで黒の布で覆った“全身黒づくめ”コーディネートで登場し、会場の視線を奪った。

◆「メットガラ」2年ぶり開催 大坂なおみらZ世代スターがホストに

“ファッション界のアカデミー賞”とも称され、綺羅びやかに着飾ったセレブたちが一同に会すMET GALA。毎年5月に開催されていたが、2020年は新型コロナウイルスの影響で中止に。今年は2年ぶりに、9月に時期を変更して開催された。

今回はパンデミック下であることも考慮し、普段よりスケールダウンして2022年と二部構成となり、テーマは「In America(イン・アメリカ)」。第一部となる今年は『In America:A Lexicon of Fashion(ファッションの辞書)』がテーマとなっている。

毎年、主催の「VOGUE」誌のアナ・ウィンター編集長らとともに有名セレブが共同ホストを務めるが、今年はZ世代の若きスターたちが就任。

大坂なおみ、ビリー・アイリッシュ、人気俳優のティモシー・シャラメ、ジョー・バイデン米大統領の就任式で詩の朗読を行なった詩人アマンダ・ゴーマンが抜てきされた。

同イベントではメインスポットの階段部分以外ではマスク着用がルール化され、出席者は全員が新型コロナワクチンを2回接種済みだという。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)