サルマ・ハエック、寵愛するペットのフクロウの魅力を熱く語る

サルマ・ハエック、寵愛するペットのフクロウの魅力を熱く語る

サルマ・ハエック、寵愛するペットのフクロウの魅力を熱く語るの画像

女優のサルマ・ハエックがこのほど米誌『People』のインタビューに登場し、ペットのフクロウ“ケリング”の魅力を熱く語った。サルマ曰く“ケリング”からは「同じ部屋の空間にいるだけでエネルギーが感じられる」そうだ。


エイジレスな魅力が人気のメキシコ出身の実力派女優サルマ・ハエック(54)。2007年に「GUCCI」「Bottega Veneta」「Balenciaga」などを傘下に保有する大手ファッション企業「KERING(ケリング)」の会長兼CEOで仏出身の大富豪フランソワ=アンリ・ピノー氏との間にヴァレンティナさんを授かり、2009年に同氏と結婚した。

サルマのInstagramには、大富豪の夫とのゴージャスなライフスタイルが垣間見られ、センスの良いファッションやリッチなバケーション風景には毎回羨望の眼差しが向けられる。ほぼすっぴんで料理をする姿や愛犬とくつろぐショットも人気なのだが、中でも時折お目見えするペットのフクロウには人々も毎回興味津々のようだ。フォロワーからは、

「オー・マイ・ゴッド! それは本物?」
「名前はなんていうの?」
「フクロウがペットだなんて最高!」

といったコメントが度々寄せられていた。そしてサルマはそんな質問に回答するかのように、このほど『People』誌のインタビューで、フクロウとの馴れ初めやその魅力を熱く語っている。

出会いは今から約2年前、偶然目にしたフクロウの里親募集の広告だったという。飼育方法などをリサーチ・検討した結果、引き取ることを決めたサルマは、

「夫の会社の名前が“ケリング”で、シンボルがフクロウだから、バレンタインデーギフトとして夫にプレゼントして、“ケリング”って名付けたの。」

と一家にフクロウが仲間入りした経緯を明かした。夫への贈り物だった“ケリング”はそれ以来、家族の一員として可愛がられているが、中でもサルマとは特別な絆で結ばれているそうだ。

「夫がいない時は、“ケリング”と部屋で一緒に寝るのよ。」
「寝る前には私達の決まったルーティーンがあって。私はiPadでテレビを見るんだけど、“ケリング”はそのiPadの上に止まるのが好きなの。」

就寝前の時間をともにベッドで過ごし、時には眠りに落ちたサルマの頭上や足に止まることもある―と明かしたサルマはさらに、

「フクロウは他の動物を捕食する生物で液体は飲まないの。でも“ケリング”は上質のワインが好物なのよ。」

と驚きの事実を語る場面も。サルマの頭上や肩、腕などが“ケリング”のお気に入りスポットだが、時々襟足にとまり体をすり寄せてくることもあるという。犬や猫のように一緒に遊んだり撫でたりという愛情表現は不要とされるフクロウだが、サルマは“ケリング”を「好奇心が旺盛」で「ボディタッチを通じて感情を表現するのが大好き」と述べ、

「彼女と同じ部屋の空間にいるだけでエネルギーが感じられるし、魅了させられてしまうの。彼女がただ飛ぶ姿を見ているだけでね。」
「最高にクールなペットよ。」

と絶賛した。

サルマは昨年12月、Instagramに豪華なクリスマスツリーの写真をアップし、その際に“ケリング”との仲睦まじい写真を公開していた。「ツリーより私の頭の方が好きなの」と記したサルマの寵愛ぶりは夫のピノー氏も早々から予測していたようで、バレンタインデーにプレゼントされた時に「実は自分用のギフトなんでしょう」と指摘していたそうだ。

画像は『Salma Hayek Pinault 2021年4月2日付Instagram「So exited to be part of @PEOPLE most beautiful issue with my #owl Kering who completely upstaged me」、2020年12月16日付Instagram「Kering likes the tree but he likes my head better.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)

関連記事(外部サイト)