ヘンリー王子・メーガン妃夫妻、ジェニファー・ロペスやセレーナ・ゴメスらと共にワクチン支援イベントに出演決定

ヘンリー王子・メーガン妃夫妻、ジェニファー・ロペスやセレーナ・ゴメスらと共にワクチン支援イベントに出演決定

ヘンリー王子・メーガン妃夫妻、ジェニファー・ロペスやセレーナ・ゴメスらと共にワクチン支援イベントに出演決定の画像

ヘンリー王子とメーガン妃が、ジェニファー・ロペスやセレーナ・ゴメスらが出演するチャリティコンサートに参加することが決定した。新型コロナワクチン接種活動への支援を目的とするイベントは、米国で現地時間5月8日にストリーミング配信される。


ヘンリー王子とメーガン妃が、現地時間5月2日にロサンゼルスのソーファイ・スタジアム (Sofi Stadium)で開催するコンサート「バックス・ライブ(Vax Live)」のキャンペーン責任者として参加することになった。

グローバル・シチズンが主催するコンサートは、途上国に新型コロナワクチンを分配する活動を行う「コバックス(Covax)」への寄付を呼びかけるためのイベントだ。世界保健機関(WHO)をはじめとする、複数の団体が協力している。2日に収録するコンサートのもようは、米時間5月8日に米ABCとCBS、YouTubeなどでストリーミング配信されるほかテレビやラジオでも視聴可能だ。

イベントは「世界が再び一つになるコンサート」と銘打たれ、歌手のセレーナ・ゴメスがホストを務める。ステージではジェニファー・ロペスやフー・ファイターズ、「パール・ジャム」のエディ・ヴェダーら豪華アーティスト達がパフォーマンスを行う。

ショーの間にはベン・アフレックやクリッシー・テイゲン、デヴィッド・レターマン、ジミー・キンメルなどが登場し、世界の公平なワクチン分配について語る。この他、ジョー・バイデン米大統領とファーストレディのジル・バイデン、カマラ・ハリス副大統領、フランスのエマニュエル・マクロン大統領、カナダのジャスティン・トルドー首相、クロアチアのアンドレイ・プレンコビッチ首相の登場も予定されている。

ヘンリー王子とメーガン妃は、夫妻が設立した慈善団体「アーチウェル」の公式ウェブサイトで「この一年、私達の世界は痛みと喪失感、闘いをともに経験しました。これからは一緒に回復し、本来のあるべき姿に戻らなければなりません。誰も置き去りにはできないのです」と述べ、ワクチン接種分配の重要さを伝えた。

「誰もが、どこにいても平等にワクチンを受けることができるようになれば、私達はより安全になり、恩恵を受けることができるのです。」

「私達はワクチンの公平な分配を遂行する中で、人類共通の信頼を回復しなければなりません。今回の任命はこれ以上ないほど重要なものなのです。」

今回のイベントは、ヘンリー王子夫妻が昨年3月に王室離脱後米国に移住して以来参加した中で最も華やかな舞台だ。第2子を妊娠中のメーガン妃が公の場に姿を現すのは、今年3月にオプラ・ウィンフリーのインタビューに出演して以来、初めてのこととなる。

画像は『The Duke and Duchess of Sussex 2020年3月7日付Instagram「More from tonight as The Duke and Duchess of Sussex joined veterans, serving members, world-class musicians, composers and conductors of the Massed Bands of Her Majesty’s Royal Marines for the annual Mountbatten Festival of Music」』『Jennifer Lopez 2021年2月11日付Instagram「Missing our nights together!!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)

×