ビリー・アイリッシュ、コルセット姿でタトゥーを初披露 英版『VOGUE』の表紙を飾る

ビリー・アイリッシュ、コルセット姿でタトゥーを初披露 英版『VOGUE』の表紙を飾る

ビリー・アイリッシュ、コルセット姿でタトゥーを初披露 英版『VOGUE』の表紙を飾るの画像

ビリー・アイリッシュ(19)が、このほど英版『VOGUE』6月号の表紙を飾った。ブロンドヘアにイメチェンしたばかりのビリーはコルセットを着用、いつもと違うグラマラスな姿でファンを驚かせた。同誌では、これまで隠していた腹部のタトゥーも初披露している。


ビリー・アイリッシュは今年3月、黒とネオングリーンだった髪をブロンドに染めてファンを驚かせたばかりだ。そんなビリーが新たなイメージを披露し、またもや大きな衝撃を与えた。

英版『VOGUE』6月号の表紙を飾ったビリーは、「グッチ」によるカスタムメイドのピンクのコルセットを着用。永遠のハリウッドスター、マリリン・モンローを彷彿させるスタイルで登場した。

ビリーは体型を隠すダボダボの服を着ることで知られるが、今回の写真はいつものイメージとは一線を画するものだ。同誌でビリーは、様々なデザインのコルセットを着用して撮影に挑んでいる。

もう1枚の写真は「バーバリー」によるコルセットとトレンチコートを着た姿だ。このショットでは、腹部から太腿にかけて入れた黒いタトゥーを初披露している。ビリーは昨年『Vanity Fair』でタトゥーを入れたことを明かしたが、「みんなが見る機会は絶対にないわよ」と話していた。

続いて「アレキサンダー・マックイーン」のドレープスカートが付いたコルセットドレスを身につけたショット、最後に「ミュグレー」の黒いコルセットに透ける素材のキャットスーツを合わせた姿を披露した。

同誌のインタビューでビリーは「マジで、こういった分野での経験は初めてよ。一人でいる時以外はね」と言い、ファンにこのように語りかけた。

「私の姿に性的興味を掻き立てられたからといって、私をお手本にしてはダメということはないのよ。体や肌を見せようが隠そうが、あなたへの尊敬が奪われるべきじゃないからね。」

ビリーはタトゥーについて言及しなかったが、自分自身のファッションについてはこのように説明した。

「自分が気持ち良いと感じることが大切なの。整形手術をしたいなら、すればいい。他人が『大きいんじゃない』と思うようなドレスが着たいなら、気にせずに着ればいいのよ。自分に似合うと思えば、素敵に見えるんだから。」

現地時間2日、ビリーは自身のInstagramで今回の写真を共有し「私のビジョンを尊敬し、この作品を実現させてくれたチームに感謝します」と英版『VOGUE』のスタッフに感謝を述べた。

黒いコルセットの写真では「私はこれらの写真が大好きで、撮影も楽しかった。好きなことをやりたい時にやればいいんだ。他のことはどうでもいいから」と記している。

グラマラスなビリーの姿にフォロワーからは「ビューティクイーン!」「タトゥーを見せてくれたのね」「もの凄く綺麗!」と称賛の声が続々と寄せられている。

画像は『BILLIE EILISH 2021年3月17日付Instagram「pinch me」』『British Vogue 2021年5月2日付Instagram「For #BritishVogue’s June issue, cover star @BillieEilish wanted nothing short of a transformation.」「When @BillieEilish officially unveiled her newly butterscotch hair on Instagram, the photo became the fastest post to reach a million likes:」「“Showing your body and showing your skin – or not – should not take any respect away from you.”」「Voice of a generation. Avatar of internet mega-fame.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)

×