爵位を巡り英王室に「争続」勃発か 長男チャールズ皇太子と両親に最も愛された末っ子エドワード王子

爵位を巡り英王室に「争続」勃発か 長男チャールズ皇太子と両親に最も愛された末っ子エドワード王子

爵位を巡り英王室に「争続」勃発か 長男チャールズ皇太子と両親に最も愛された末っ子エドワード王子の画像

英連邦王国の首長であるエリザベス女王と故エディンバラ公フィリップ王配の間には4人の子供がいる。チャールズ皇太子(72)、アン王女(70)、アンドルー王子(61)、エドワード王子(57)の4人のうち、これまでは次男のアンドルー王子が女王の一番のお気に入りであると知られてきた。しかし王室作家のマシュー・デニソン氏(Matthew Dennison)はこれに異を唱えている。『Express.co.uk』などが伝えた。


若干気が弱く、神経質と思われてきた末っ子のエドワード王子だが、実は常にエリザベス女王夫妻のお気に入りだったとマシュー・デニソン氏は記している。

「エドワード王子が女王夫妻のお気に入りだということが明らかになったのは1987年、エドワード王子が22歳の時にイギリス海兵隊での12か月間の基礎訓練をわずか4か月で脱退した時のことです。」

「驚いたことに、当時海兵隊元帥でもあったフィリップ王配がこの件について息子を猛烈に非難するようなことはなかったのです。」

王室伝記作家のイングリッド・スワード氏(Ingrid Seward)も、海兵隊を脱退したエドワード王子に対するフィリップ王配の反応は皆の予想を裏切るものであったと語る。

「激情の人として知られてきたことから、多くの人々が王配は激昂しただろうと思っていたのです。」

「父と息子との間で厳しい言葉でのやり取りがあったという話が広まりました。エドワード王子は父の怒りに触れ涙を流したとも。」

しかし実際は全く違っていたのだ。王室の中でも、フィリップ王配が一番エドワード王子に同情的であったとさえ言われている。

「フィリップ王配は息子の勇気ある決断を理解し、全面的に支持する姿勢を見せたのです。」

父フィリップ王配が、エドワード王子はイギリス海兵隊に向いていないと理解を示したことに、エドワード王子は今日に至るまでずっと感謝しているという。フィリップ王配亡き後、エディンバラ公爵の称号はフィリップ王配の希望により末っ子エドワード王子に引き継がれるものと思われてきた。しかし2021年4月にフィリップ王配が薨去した後、フィリップ王配の全ての爵位を引き継いだのは長男チャールズ皇太子であり、そのチャールズ皇太子は弟であるエドワード王子にエディンバラ公爵の称号を与えることに乗り気ではないとも報じられている。

相思相愛の父と末っ子、そこに立ちはだかる長男で次期王位継承者のチャールズ皇太子。フィリップ王配が自身の子供達の中で唯一出産に立ち会ったほど溺愛したエドワード王子に、その爵位は託されるのか。なぜチャールズ皇太子は末の弟にエディンバラ公爵の爵位を与えることに消極的なのか。エディンバラ公フィリップ王配亡き後の英国王室の「争続」はまだまだくすぶり続けていく。

(TechinsightJapan編集部 Aya Nezu)

関連記事(外部サイト)