ヘンリー王子が自叙伝を発表 ゴーストライターにピューリッツア賞受賞作家を雇う

ヘンリー王子が自叙伝を発表 ゴーストライターにピューリッツア賞受賞作家を雇う

ヘンリー王子が自叙伝を発表 ゴーストライターにピューリッツア賞受賞作家を雇うの画像

2021年3月に行われたオプラ・ウィンフリーとのインタビューで、英王室メンバーの人種差別発言に触れたり、父チャールズ皇太子や兄ウィリアム王子を憐れむ発言をするなど英王室に爆弾を投下したヘンリー王子。そんな王子はこの1年間、自身の伝記執筆に取り組んできたという。そしてその版権を「ペンギン・ランダム・ハウス(Penguin Random House)」に売ったと『Page Six』が伝えている。


内情に詳しい人物によると、ヘンリー王子はピューリッツア賞受賞作家のJ.R. モーリンガー氏(J.R. Moehringer)をゴーストライターとして採用し、自叙伝の執筆に取り組んできたという。

モーリンガー氏は、テニス界のレジェンドであるアンドレ・アガシの自伝『OPEN―アンドレ・アガシの自叙伝』、Nikeの共同創業者であるフィル・ナイトの自伝『Shoe Dog』やジョージ・クルーニーによって映画化された自身の自伝『The Tender Bar』などを執筆してきた。

「もともと原稿は8月が提出期限でしたが、ヘンリー王子とメーガン妃がまるでドラマの渦に巻き込まれたかのような生活を送る中、期限が10月まで延びたと聞きました。しかし初稿はほぼ完成しているとも聞いています」と『Page Six』は伝えている。

このニュースが報じられてから、ヘンリー王子は声明を発表した。

「私はこの本を王子として生まれた私ではなく、私がどういう変遷を経て今の自分になったのかということについて書いています。長い年月の中で、私は数多くの帽子を被ってきました。文字通り本当の帽子もたくさん被りましたが、比喩的な意味でもたくさんの帽子を被ってきたのです。自分の人生について、良いときも悪いときも、失敗したことも、そこから学んだことについても書くことで、自分がどこから来た人であれ、私達が思っているよりも多くの共通点があることをお伝えできればと思っています。」

「これまでの人生の中で、私が学んだことをお伝えする機会に恵まれたことをとても嬉しく思います。そして私自身が書いた私の正確な、そして真実の人生を読んで頂けることを非常に喜ばしく思っています。」

『Page Six』が目撃した出版社の宣伝文にはこう記されていた。

「現代の最も魅力的かつ影響力の強い世界的存在であるヘンリー王子の真相に迫った、そして心温まる自伝。ヘンリー王子を形作った経験、冒険、喪失、そして教訓について初めて語った決定的記録。」

「世間に注目される中で育った子供時代から現在まで、王室での公務や二度のアフガニスタン派兵を含む従軍の記録、そして夫となり父となった彼の喜びについて語られており、非常に誠実に人物像が描かれている。」

自叙伝は、現在暫定的に2022年後半に「ペンギン・ランダム・ハウスUK」から出版される予定とされており、オーディオブックとしてもリリースされる予定だ。

(TechinsightJapan編集部 Aya Nezu)

関連記事(外部サイト)