スケボー英代表スカイ・ブラウン、宮崎生まれの13歳 大怪我を乗り越えて銅メダル獲得<動画あり>

スケボー英代表スカイ・ブラウン、宮崎生まれの13歳 大怪我を乗り越えて銅メダル獲得<動画あり>

スケボー英代表スカイ・ブラウン、宮崎生まれの13歳 大怪我を乗り越えて銅メダル獲得<動画あり>の画像

4日に有明アーバンスポーツパークで行われた東京オリンピック・スケートボード女子パーク決勝で、英国代表のスカイ・ブラウン選手(13)が銅メダルを獲得した。日本人と英国人の両親を持ち宮崎県で生まれ育ったスカイ選手は昨年、練習中に大怪我をして両親からスケートボードをやめるよう説得されたという。


スカイ・ブラウン選手が銅メダルを獲得した4日、英メディアは「チームGBの最年少メダリスト誕生!」「歴史を築いた」とこぞって称賛、SNSでも「素晴らしいパフォーマンス」「小さなレジェンド!」「どうすれば、13歳であんな技ができるんだ。良くやった!」といった声で溢れ返った。

7月7日に誕生日を迎えたスカイ選手がメダルを手にしたのは、13歳になってから28日目だ。1928年にマージョリー・ヒントン選手が競泳で出場した際の13歳と44日という記録を上回った。さらに1936年冬季五輪・ガルミッシュ・パルテンキルヘンでフィギュアスケートのセシリア・コレッジ選手が15歳で銀メダルを獲得したのを破り、英国で史上最年少のメダリストにもなった。

2008年に宮崎県で生まれ育ったスカイ選手は、日本人の母親と英国生まれ米カリフォルニア州育ちの父親を持つ。現在は日本とカリフォルニアを拠点に活動している。

そんなスカイ選手が英国の代表「チームGB」として出場することを選んだ理由を、彼女にスケートボードを紹介した父ストゥーさんはこう説明している。

「プレッシャーがないと感じたし、コミットすることも要求されなかった。もし彼女が満足しなかったり調子が悪い場合には、いつ辞退しても良いとはっきり言われたのです。」

一方のスカイ選手は『The Telegraph』のインタビューで「パパは私にスケボーをして欲しくなかった」と明かしており、スケートボードを始めたきっかけについてこのように語った。

「私が2歳か3歳の頃、パパが作った裏庭のミニランプで、パパの友達が毎日スケートしていた。スケボーは私のお気に入りの玩具だったのよ。」

しかし昨年5月、練習中に4.5メートルの高さから転落し、頭蓋骨の複数の骨折、肺と胃の裂傷、左腕の骨折という生命を脅かすほどの重傷を負った。現在120万人超のフォロワーを持つスカイ選手は、Instagramで転落した際の動画を公開しており、入院先のベッドから「これは私の最悪の転倒だった。時々転んでも大丈夫。立ち上がって、もっと努力するつもりよ」とファンに向けて伝えていた。

その後、両親からスケートボードをやめるように説得されたが、スカイ選手は東京オリンピックに必ず参加するつもりだったという。

スカイは8歳の時に全米オープンに出場し、2018年には英国代表に初選出された。同年には米TV番組『ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ:ジュニア』で優勝、2019年ブラジル・サンパウロで開催の世界選手権では見事3位に輝いた。

2018年にプロとなってからは「ナイキ」がスポンサーとなり、「バービー」や「クレアーズ(Claire’s)」などとも契約を結んだ。また国際オリンピック委員会の公式パートナーである「VISA」と「サムソン」のCMにも出演している。

画像は『Team GB 2021年8月4日付Instagram「13 years old!」』『Sky Brown 2021年1月21日付Instagram「I might not always be the best sister but @oceanbrown you are ALWAYS the BEST brother」、2018年12月10日付Instagram「There are NO words, the picture says it all…. .」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)