キム・カーダシアン、顔まで覆う全身黒レザー姿に嘲笑相次ぐ「これがファッション?」

キム・カーダシアン、顔まで覆う全身黒レザー姿に嘲笑相次ぐ「これがファッション?」

キム・カーダシアン、顔まで覆う全身黒レザー姿に嘲笑相次ぐ「これがファッション?」の画像

米ニューヨークで開催する「METガラ」に先立ち、キム・カーダシアンが全身を黒いレザーで包み込んだ装いでニューヨークのホテルにチェックインした。顔全体までも覆うボンデージ風のファッションに、SNSでは「これがファッション?」「バカっぽい」と嘲笑するコメントで溢れ返った。


現地時間11日、ニューヨークのセントラルパーク・サウスにある高級ホテル「リッツ・カールトン」の前に到着した黒塗りのSUV車から、キム・カーダシアンが降りる姿がキャッチされた。

キムは、頭からつま先までの全身をスペインのファッションブランド「バレンシアガ」による黒いレザーで包んだ装いだ。レザーパンツにトレンチコートを羽織り、手袋とスティレット・ブーツを合わせている。顔全体は目の部分と中央にゴールドのファスナーが付いたフェイスマスクで覆われ、後部からポニーテールにした髪が見えるのみだ。

車から降りたキムはつまずくこともなく、早足でホテル内に入って行ったという。

キムは現地時間13日夜に開催する「METガラ」に参加するため、ニューヨークを訪れている。同イベントは米国版『VOGUE』の編集長アナ・ウィンターが主催するファッションの祭典で、毎回豪華セレブ達が有名ブランドの衣装を着て集結することで知られる。

この日の夜には、キムが親友でテレビタレントのララ・アンソニーと共にホテルを出る姿が目撃された。2人はイタリアンレストラン「Carbone」に向かい、キムの姉コートニー・カーダシアンやその恋人トラヴィス・バーカーとディナーを共にした。

同日、キムは全身を黒いレザーで覆った姿を自身のInstagramで公開し、ナイフの絵文字を添えた。投稿には友人のララが4つのナイフの絵文字で反応したが、フォロワーからは「前が見えるの?」「キム、あなた大丈夫?」と驚く声のほか、奇抜なファッションを批判するコメントが多数寄せられた。

「それはいったい何なの? 本当にバカっぽいわ。」
「これがファッションなの?」
「彼女はこのような衣装を着て、今夜一晩中どのような悪魔の儀式に参加するんだろう。」

このほか多くのフォロワーからは、米ドラマ『アメリカン・ホラー・ストーリー』に登場する全身黒のラバースーツに身を包んだキャラクターを思い出させるといったコメントも寄せられた。

ちなみにキムがこのような恰好をしたのは、今回が初めてではない。

今年7月には、キムと離婚申請中の夫カニエ・ウェストが顔全体を覆うマスク姿で「バレンシアガ」のショーに出席。8月にはカニエの新作アルバム『Donda(ドンダ)』の2度目のリスニングイベントで、キムとカニエの2人が同ブランドによる顔と全身を覆う黒い装いで登場している。

そのため今回のキムの姿について「このアンサンブルには、カニエが関わっているに違いない」「2人はよりを戻したの?」といった声も見受けられた。

画像は『Kim Kardashian West 2021年4月22日付Instagram「Good Morning World」、2021年9月11日付Instagram、2021年8月7日付Instagram「#DONDA #BALENCIAGA」』『American Horror Story 2021年6月21日付Instagram「Horror comes home.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)