エリザベス女王、チャールズ皇太子とウィリアム王子の環境問題への取り組みを「誇りに思う」

エリザベス女王、チャールズ皇太子とウィリアム王子の環境問題への取り組みを「誇りに思う」

エリザベス女王、チャールズ皇太子とウィリアム王子の環境問題への取り組みを「誇りに思う」の画像

英スコットランドのグラスゴーで開催中の「国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)」首脳級会合後のイブニングレセプションで、エリザベス女王(95)からのビデオメッセージが流された。女王は地球環境問題に取り組んできた故エディンバラ公フィリップ王配、チャールズ皇太子とウィリアム王子を「これ以上誇れることはない」と称賛した。


現地時間1日、グラスゴーのケルビングローブ美術館でCOP26に出席する世界のリーダー達の歓迎レセプションが行われ、事前に録画されたエリザベス女王のスピーチが流された。

女王は当初レセプションに出席する予定だったが、予備検査のために一晩入院した後「グラスゴーへの渡航を断念する」と発表。現地時間10月28日にバッキンガム宮殿は「医師の助言を受け、今後少なくとも2週間は公の場での公務を控え、デスクワークやオンライン公務のみを継続します」と伝えていた。

ウィンザー城で録画されたスピーチで、女王は「言葉を伝える時が、行動の時へと移行しました」と述べ、会場に集まった世界のリーダー達にこう訴えた。

「このサミットのレガシーにより皆さんがこの機会を逃さず、未来の世代からの呼びかけに応えたリーダーとして、まだ印刷されていない歴史書の中に綴られることを多くの人々が望んでいます。」

「このような行動の恩恵は、今日ここにいる私達全員が享受できるものではありません。誰も永遠には生きられませんが、私達は自分自身のためだけではなく子供達や孫達のため、そしてその彼らの足跡をたどる人達のためにこの活動を行っているのです。」

さらに女王は、生前何十年にもわたり地球環境問題に取り組んだ亡き夫エディンバラ公フィリップ王配、その意思を引き継いだ息子チャールズ皇太子と孫のウィリアム王子をこのように称賛した。

「我々の儚い地球を守るために人々を励ますという私の夫の主導的な役割が、長男チャールズと彼の長男ウィリアムの公務を通して生き続けています。私はこのことを大変誇りに思っています。これ以上ないほどの誇りです。」

ウィリアム王子は2020年に世界の環境問題を解決するための「アースショット賞(Earthshot prize)」をローンチしており、今年の授賞式前には父チャールズ皇太子が何十年も前から気候変動について語ってきたことから地球環境に興味を持つようになったと明かしていた。

この日のレセプションパーティには、チャールズ皇太子とカミラ夫人、ウィリアム王子とキャサリン妃が出席し、世界各国から訪れたリーダー達を歓迎した。

画像は『The Royal Family 2021年11月1日付Instagram「“I, for one, hope that this conference will be one of those rare occasions where everyone will have the chance to rise above the politics of the moment, and achieve true statesmanship.”」、2021年11月2日付Instagram「This week @ClarenceHouse and the @dukeandduchessofcambridge are in Glasgow undertaking a number of visits and meetings in support of #COP26 and its ambition for co-ordinated action to tackle climate change.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)