セレーナ・ゴメス、飲酒ジョークの動画に批判殺到 「冗談よ」と反論

セレーナ・ゴメス、飲酒ジョークの動画に批判殺到 「冗談よ」と反論

セレーナ・ゴメス、飲酒ジョークの動画に批判殺到 「冗談よ」と反論の画像

セレーナ・ゴメスが11月30日にTikTokに投稿した動画に批判の声が殺到している。問題の動画は、過度の飲酒について警鐘を鳴らす医師の発言に対して、セレーナがまるで自らも深酒をしていることを認め「やばい」というような表情を見せているものだ。


動画では、女性医師が飲酒について「CDC(アメリカ疾病予防管理センター)の発表によると、男性であれば1週間で15杯以上、女性であれば1週間に8杯以上のアルコールの摂取は過度の飲酒となります」と語る右側の画面に合わせる形で、左側に映るセレーナ・ゴメスが親指の爪を噛みながら「私もやばいわ」と言わんばかりの表情で話を聞いていた。

この動画が批判を集めている理由は、セレーナが難病のループス(全身性エリテマトーデス)を患い、2017年9月に親友で女優のフランシア・ライサからの腎臓提供により移植手術を受けていたからだ。

当時からファン達はセレーナのアルコール摂取量について心配する声をあげてきた。特に腎臓の病気を患っていたセレーナにとって、過度の飲酒を心配する声は尽きない。

そんなファンの思いをいたずらに刺激するようなセレーナの行動に、悲痛な声が続出した。

「親友から腎臓もらっていたのに、まだ深酒がやめられないなんて。ひどいよ、セレーナ」
「禁酒してないの? だめだよ、セレーナ!!」

これに対し当のセレーナは「冗談よ」とコメントで一蹴した。

他にも批判的な意見が相次いだが、本人が冗談だとコメントしてからは一転してセレーナを擁護するコメントが見受けられた。

「セレーナは冗談だって言ってるだろ、みんな批判はやめなよ。」
「セレーナはテレビ番組に出演した時、他の出演者がお酒を飲んでいても、いつも紅茶やジュースを飲んでるよ。」
「皆、セレーナのユーモアをもっと理解する必要があるね。」

またセレーナは、自身の母親と「Newsette」の創設者であるダニエラ・ピアソン(Daniella Pierson)とともにメンタルヘルスの会社「Wondermind」を設立し、主に鬱などで苦しんでいる人々の助けとなることを目的としたウェブサイトを開設したばかりだ。

セレーナ自身、双極性障害と診断されたことを告白し、これまでもメンタルヘルスの大切さを呼びかけてきた。セレーナはこのサイトが人々の助けになれるようにと願い、このように語っている。

「『Wondermind』が開設してとても嬉しく思っているわ。みんなが集まり、1人じゃないって気づけるような場所になってほしい。」

画像は『Selena Gomez 2021年10月21日付Instagram「My NEW Rare Beauty Discovery Eyeshadow Palette – Came To Play has arrived!」、2017年9月14日付Instagram「I’m very aware some of my fans had noticed I was laying low for part of the summer and questioning why I wasn’t promoting my new music,」、2021年11月18日付Instagram「Mental health is something that is very close to my heart.」』『Selena Gomez 2021年11月30日付TikTok「#duet with @drdawnbantel」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 Tina)

関連記事(外部サイト)