チャールズ皇太子夫妻、クリスマス当日はエリザベス女王を訪問へ

チャールズ皇太子夫妻、クリスマス当日はエリザベス女王を訪問へ

チャールズ皇太子夫妻、クリスマス当日はエリザベス女王を訪問への画像

エリザベス女王(95)が、今年のクリスマス当日はチャールズ皇太子やカミラ夫人と一緒に迎えることが正式に発表された。女王は英国での新型コロナウイルス感染拡大を受け、伝統行事のサンドリンガムでのクリスマスの集いを中止すると伝えたばかりだ。皇太子夫妻は、女王が暮らしているウィンザー城を訪れることになる。


クラレンスハウスが現地時間23日、チャールズ皇太子とカミラ夫人がエリザベス女王を訪問し、クリスマスを一緒に過ごすことになったと発表した。

バッキンガム宮殿は20日に声明を発表し、英国で新型コロナウイルスのオミクロン変異株による感染者が急増していること受け、エリザベス女王はクリスマスに英ノーフォーク州にあるサンドリンガムに移動せず、ウィンザー城に留まる決意したと伝えたばかりだった。

女王は昨年もパンデミックのためサンドリンガムでのクリスマス行事をキャンセルし、エディンバラ公フィリップ王配と2人でウィンザー城で過ごした。

王配は今年4月に逝去したため、女王はクリスマスを1人で迎えることになった。そのため当初は王室メンバーがウィンザー城に滞在する女王を訪問するだろうと報じられていた。

エリザベス女王と王配の第2子アン王女は、夫のティモシー・ローレンス卿が新型コロナウイルス検査で陽性反応が出たため、クリスマスは自宅で隔離生活を送るとみられている。

ウィリアム王子とキャサリン妃は、ノーフォーク州の邸宅アンマー・ホールで3人の子供達とクリスマスを迎えるそうだ。夫妻の邸宅には、妃の親族であるミドルトン家のメンバーが訪れる予定だと報じられている。

なお英国では毎年12月25日、事前に録画されたエリザベス女王からのクリスマスメッセージがテレビで放送される。王配の死後初めてのクリスマスを迎えるにあたり、演説では個人的なメッセージを伝えるのではと予測されている。

画像は『Clarence House 2021年5月11日付Instagram「Her Majesty The Queen, accompanied by The Prince of Wales and The Duchess of Cornwall, opened a new session of Parliament this morning.」、2021年12月17日付Instagram「This Christmas, The Prince of Wales and The Duchess of Cornwall encourage you to remember your older friends and relatives over the festive season.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)