ピート・デヴィッドソン、カニエ・ウェストのデート相手と過去に共演 “バービー&ケン”に扮した2ショットが話題に

ピート・デヴィッドソン、カニエ・ウェストのデート相手と過去に共演 “バービー&ケン”に扮した2ショットが話題に

ピート・デヴィッドソン、カニエ・ウェストのデート相手と過去に共演 “バービー&ケン”に扮した2ショットが話題にの画像

キム・カーダシアン(41)と交際中のピート・デヴィッドソン(28)が、カニエ・ウェスト(44)とのロマンス説が浮上したジュリア・フォックス(31)と過去に写真撮影で共演していたことが明らかになった。ピートとジュリアがケンとバービー人形に扮した姿は、米誌『PAPER』が掲載したピートへのインタビュー記事で公開されたものだ。


ピート・デヴィッドソンは昨年10月からキム・カーダシアンとデートする姿が何度も目撃され、年明けには2人がバハマで休暇を過ごす様子がキャッチされたばかりだ。

一方、キムと離婚申請中のカニエ・ウェストは新年早々、女優ジュリア・フォックスとディナーデートやブロードウェイミュージカルに出かける姿が激写された。

キムとカニエのお互いの新恋人かと注目を浴びているピートとジュリアが、過去に雑誌のフォトセッションで共演していたことが明らかになったのである。

ツーショットが公開されたのは、米誌『PAPER』が2019年11月に掲載したピートのカバーストーリーだ。記事では、ピートがバービー人形のボーイフレンドである“ケン”に扮する姿が公開された。

同誌での撮影とインタビューは、米Netflixのドラマシリーズ『13の理由』でライアン役を演じたトミー・ドーフマンが担当した。

写真はブロンドヘアを綺麗にまとめたピートが、さまざまな衣装を着てベッドルームや屋外におり、隣にはバービーに扮したジュリア・フォックスが登場している。

撮影を行ったトミーは、同誌のカバーストーリーで「フォトセッションに向けて、ケンのコンセプトを提案した。するとピートは『もっとダークで、自分が公表しているうつ病との闘いに寄り添うようなものにして欲しい』と挑戦してきた」と明かしていた。

そしてジュリアを起用した理由について「ピートの友人であるセバスチャン・ベア=マクラードが制作した映画『アンカット・ダイヤモンド』に出演した新進気鋭の女優であり、マンハッタン郊外に住むバービーとケンとして完璧だと思った」と説明している。

カニエとジュリアのロマンスが報じられた後、同誌は公式Instagramでバービーとケンに扮したピートとジュリアの写真を再び公開した。

投稿には「これらの画像がストーリーを物語っている。その物語が何なのかは分かりませんが、以下であなたのご意見をお聞かせください」とフォロワーからのコメントを求めた。

するとフォロワーからはさっそく、このような声が届いていた。

「誰も頼んじゃいない、愛の三角関係かな?」
「すべて蝋人形みたいにみえるわ。誰かマダム・タッソーに連絡して!」
「次は、ジュリアがキムにブロックされる番かもね。」

キムは先日、ピートとトーク番組や大晦日特番で共演したマイリー・サイラスのInstagramからフォローを解除したことが報じられ、SNSでは「マイリーに嫉妬しているの?」と話題になっていた。

画像は『NBC Entertainment 2022年1月1日付Instagram「POV: You’re about to watch your faves perform on」』『Paper Magazine 2019年11月21日付Instagram「There’s no happy medium with me, which I think is really fun.」、2022年1月5日付Instagram「These images tell a story.」』『Julia Fox 2021年10月6日付Instagram「Merci beaucoup」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)