ニコラス・ケイジ、日本人妻リコさんが第1子を妊娠

ニコラス・ケイジ、日本人妻リコさんが第1子を妊娠

ニコラス・ケイジ、日本人妻リコさんが第1子を妊娠の画像

米俳優ニコラス・ケイジ(58)の日本人妻シバタ・リコさん(27)が、第1子を妊娠中であることが明らかになった。ニコラスは元妻との間にカル=エル・コッポラさん(16)、元恋人との間にウェストン・コッポラ(31)という2人の息子をもうけており、今回で3人目の子供を授かることになる。


米メディア『People』が現地時間6日、ニコラス・ケイジと30歳年下の妻シバタ・リコさんの間に第1子が誕生する予定であることを報じた。

ニコラスの代理人は同メディアの取材に対して事実関係を認め、「2人は大変喜んでいます」と伝えたという。

ニコラスは2020年に園子温監督の映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』(2021年公開)の撮影で滋賀県に滞在していた際、共通の友人を通してリコさんと知り合った。

同年8月にはニコラスがリコさんと婚約したことを発表。2021年2月16日には米ラスベガスの豪華ホテル「ウィン・ラスベガス(Wynn Las Vegas)」で、内輪だけを招いた小規模な結婚式を執り行った。この日はニコラスの亡父オーガスト・コッポラの誕生日でもあった。

ニコラスは「トム・フォード」のタキシードを着用し、リコさんは和装姿で挙式を行った。結婚式の内容について当時、ニコラスの代理人は「彼らは伝統的なカトリックと神道の誓いを交わし、ウォルト・ホイットマンの詩や俳句を取り入れました」と米メディア『E! News』に説明していた。

結婚後は2人でレッドカーペットデビューを果たしたり、米ファッション&カルチャー雑誌『Flaunt Magazine』の表紙に登場するなど、熱々ぶりを披露している。

30歳も年齢が違う“年の差夫婦”に赤ちゃんが授かったことについて、SNSでは「おめでとう!」「成長した2人の大人が人生を楽しんでいる。祝福するよ」「彼女は綺麗だね」といったコメントがあがっている。

ニコラスには以前のパートナー達との間に2人の息子がいるが、一番年上で俳優として活動するウェストン・コッポラはリコさんより4歳年上だ。

そのためネット上では「31歳の息子がいるのに、嫁が27歳とは。気持ち悪いよ」「ゲゲッ。妻が生まれた時、ニコラスは30代だったんだよ!」といった声も見受けられた。

画像は『Flaunt Magazine 2021年10月21日付Instagram「Nicolas Cage and Riko Shibata cover The Magic Issue, out now.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)