ベッカム家次男ロメオ、父とお揃いのタトゥーを披露 ジャスティン・ビーバーが「僕も君のパパにインスパイアされた」

ベッカム家次男ロメオ、父とお揃いのタトゥーを披露 ジャスティン・ビーバーが「僕も君のパパにインスパイアされた」

ベッカム家次男ロメオ、父とお揃いのタトゥーを披露 ジャスティン・ビーバーが「僕も君のパパにインスパイアされた」の画像

ベッカム家の次男ロメオ・ベッカム(19)が、父デヴィッドと同じ場所にお揃いの絵柄のタトゥーを入れた。ロメオが新たに入れたのは、天使の羽根が付いた十字架のモチーフだ。同じくうなじに羽根のタトゥーを入れているジャスティン・ビーバーは「僕も君のパパからインスパイアされたんだ」とコメントし、ロメオが公開した写真を称賛した。


ロメオ・ベッカムが現地時間6日、自身のInstagramで彫り入れたばかりの巨大なタトゥーを初公開した。

写真はニット帽を被り、白いTシャツとジーンズにデニムジャケットを羽織ったロメオが、ロサンゼルスの街を歩く後ろ姿だ。ジャケットの襟元からは、保護シートが貼られた施術したばかりのタトゥーが確認できる。

続いて投稿したのは、ロメオの背中をクローズアップしたモノクローム写真だ。ロメオは上半身裸で、うなじ全体に入れた天使の羽根と十字架の絵柄がはっきりと分かる。

ロメオは「ヤバイ! ありがとう、ブラザー」と記して、ドクター・ウーの名前をタグ付けした。

このことからロメオはロサンゼルスのセレブ御用達タトゥーアーティスト、ドクター・ウーの施術を受けたとみられる。ドクター・ウーは、ロメオの兄ブルックリン・ベッカムやジャスティン&ヘイリー・ビーバー夫妻、マイリー・サイラスといった多くのセレブを顧客に持つ。

今回ロメオが入れたタトゥーは、父デヴィッド・ベッカムがうなじに入れているものと全く同じデザインのものだ。

ジャスティン・ビーバーも、うなじに大きな羽根のタトゥーを入れているため、ロメオのフォロワーから「ジャスティン・ビーバーみたい!」との声が多数見られた。するとジャスティン本人から「僕も君のパパからインスパイアされたんだ。カッコ良い!」とのコメントが届いていた。

この他にも、多くのフォロワーがロメオの新たなタトゥーを称賛した。

「この父親にしてこの息子あり。とても素敵よ!」
「ドクター・ウーは最高だ!」
「おめでとう、ロメオ。素晴らしい出来上がりだ。」

翌7日には、ロメオが恋人でモデルのミア・リーガンと肩を組む後ろ姿を公開し、うなじに入れたタトゥーをまたもや披露した。

ロメオは2020年9月に18歳の誕生日を迎えた際、自身へのプレゼントとして人生初となるタトゥーを右足のすねに入れた。その後も胸の脇や腕など、タトゥーのコレクションを増やし続けている。

画像は『ROMEO 2021年12月9日付Instagram「So much fun @unicef_uk with dad」、2022年1月6日付Instagram、2022年1月6日付Instagram「Insane !」、2022年1月7日付Instagram「@mimimoocher」』『David Beckham 2020年7月2日付Instagram「It’s great looking back and seeing how far we have come.」』『Justin Bieber 2022年1月7日付Instagram「@rorykramer」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)