キャサリン妃が40歳に 公開されたポートレートに「美しさを超越している」と感嘆の声

キャサリン妃が40歳に 公開されたポートレートに「美しさを超越している」と感嘆の声

キャサリン妃が40歳に 公開されたポートレートに「美しさを超越している」と感嘆の声の画像

キャサリン妃が現地時間9日に40歳の誕生日を迎えたことを記念して、新たなポートレートを公開した。英ブランド「アレキサンダー・マックイーン」のドレスを着た美しい姿に、王室ファンからは「素晴らしい写真!」「エレガントだわ」といった声があがっている。


ケンブリッジ公爵夫妻の公式SNSが公開したのは、イタリア出身のファッションフォトグラファー、パオロ・ロベルシ氏(Paolo Roversi)が撮影したキャサリン妃のポートレートだ。撮影は昨年11月、ロンドンの王立植物園「キューガーデン」にて行われた。

1枚目のモノクロームショットは、オフショルダーの白いドレスを着たキャサリン妃の横顔を捉えている。耳元を飾るのは英ジュエラー「コリングウッド」製のパールとダイヤモンドのイヤリングで、かつて故ダイアナ妃が所有したものだ。左手の薬指につけた婚約指輪もダイアナ妃から引き継がれたものという。

続いて公開されたのは、赤いワンオフショルダーのドレスを着たキャサリン妃がポケットに両手を入れて正面を向き微笑んでいる姿だ。カールしたロングヘアが風になびき、耳元にはエリザベス女王から借用したダイヤモンドのイヤリングが輝いている。

今回着用したドレスは、いずれもキャサリン妃のウエディングドレスを制作した英ブランド「アレキサンダー・マックイーン」によるものだ。

SNSではさらにもう1枚、フリルが付いた白いワンオフショルダーのドレスを着た妃がカメラに向かって微笑んでいるクローズアップ写真も公開している。

これら3枚のポートレートはすべて、キャサリン妃がパトロンを務めるロンドンの「ナショナル・ポートレート・ギャラリー」の永久コレクションとして所蔵される。現在同館は再開発工事中で、2023年に再オープンする予定だ。

40歳を記念するキャサリン妃の美しい写真に、王室ファンからは称賛のコメントで埋めつくされた。

「なんということ! キャサリン妃は超越した美しさだ!」
「我らの美しい未来の女王! 素晴らしい写真だわ。」
「エレガントね。誕生日おめでとう、親愛なる侯爵夫人へ。」
「不自然で彼女らしくないな。古い写真のように見せている感じがする。でも彼女は美しい女性であり母親だよ。」

なおロベルシ氏はキャサリン妃のポートレートを撮影したことについて「私にとって本当に光栄なことであり、純粋な喜びを感じた瞬間でした」と述べ、妃と対面した時のことをこのように振り返った。

「妃は温かくフレンドリーに迎えてくれて感激しました。そして彼女の魂の愛らしさを映し出す輝く瞳と、寛大な心を示す笑顔に魅了されました。」

「私にとって深く豊かな経験で、忘れられない瞬間となりました。素晴らしい人との出会いでした。彼女のエネルギーは、全世界に希望をもたらすことができるでしょう。」

画像は『Vogue 2021年9月28日付Instagram「Is that a Bond girl or Kate Middleton we see?」』『Duke and Duchess of Cambridge 2022年1月8日付Instagram「Delighted to share a new portrait of The Duchess ahead of her 40th birthday tomorrow.」、2022年1月9日付Instagram「The three new portraits which have been released to mark the occasion will be shown in the community in three meaningful places:」「hank you for all of your very kind birthday wishes, and to Paolo and the National Portrait Gallery for these three special portraits. C」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)