デミ・ロヴァート、頭部に入れたクモの巨大タトゥーを披露 「なんという立体感!」ファン驚き

デミ・ロヴァート、頭部に入れたクモの巨大タトゥーを披露 「なんという立体感!」ファン驚き

デミ・ロヴァート、頭部に入れたクモの巨大タトゥーを披露 「なんという立体感!」ファン驚きの画像

歌手デミ・ロヴァート(29)が、頭部に入れた新たなタトゥーを披露した。それは巨大なクモが歩いているような立体的なデザインだ。写真が公開されると、多くのファンが「最高のアート!」「ヤバイかも!」と新たなタトゥーを褒め称えている。


デミ・ロヴァートが現地時間8日、頭部の片側を写した横顔を自身のInstagramストーリーに公開した。黒いショートヘアは耳から上を広い範囲でシェーブしており、その上に巨大なクモのタトゥーが施されている。真っ黒なクモには影も描かれており、まるでデミの頭部を這っているような3Dスタイルのデザインだ。

投稿でデミは「私達にいろんなことを教えてくれたのは、おばあちゃんグモでした」と記し、デザインについてのヒントを伝えた。

「彼女は私達に陶器や織物を教えてくれた。火や光、暗闇のことも。私達はみんなウェブ(クモの巣)で繋がっていて、この世にはそれぞれの居場所があるということも。」

この言葉はアメリカ先住民の民話『Grandmother Spider Brings the Light』からの引用で、デミのタトゥーはこのストーリーからインスパイアされたものとみられている。

今回の施術は、マイリー・サイラスやジャスティン&ヘイリー・ビーバー夫妻、ブルックリン&ロメオ・ベッカム兄弟などを顧客に持つロサンゼルスのセレブ御用達タトゥーアーティスト、ドクター・ウーが担当した。

ドクター・ウーは10日に自身のInstagramでデミのタトゥーの写真を公開し、「僕はタトゥーはできるけど、ヘアカットはイマイチかな。おばあちゃんグモをデミに」と記した。どうやらドクター・ウーは、タトゥーを入れるためにデミのサイドの髪もカットしたようだ。

するとさっそくデミ本人から「ハハハ、両方ともありがとうね!」とのコメントが届いていた。

デミの新たなタトゥーを見たフォロワーからは、そのデザインについてこのようなコメントが寄せられた。

「シャドウが入ってるの? これまでに見た中で最も素晴らしいアートだわ!」
「影が凄い!」
「なんという立体感! 良くできているね。」
「特別な不気味さがあるよ。」

なおデミは10日、自身のInstagramストーリーでショートクリップを公開し、新たなピアスを入れたことも知らせた。

伝説のロックバンド「ニルヴァーナ」のTシャツを着たデミが、黒いショートヘアの上にニット帽を被り、耳の上部に通したバーピアスを見せている自撮り動画だ。

写真には「新しいピアス@mrprickrichink」と記し、施術を担当したロサンゼルスのピアッサー“ミスター・プリック”の名前をタグ付けした。

画像は『People’s Choice Awards 2020年11月16日付Instagram「Demi is a VISION in red!」』『Doctor Woo 2022年1月10日付Instagram「I’m ok at tatz, haircuts not so much…」』『Demi Lovato 2022年1月10日付Instagram』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)