ゼイン・マリク、ジジと破局後プラスサイズのデートアプリに登録 過去には「ふくよかな女性が好み」と発言

ゼイン・マリク、ジジと破局後プラスサイズのデートアプリに登録 過去には「ふくよかな女性が好み」と発言

ゼイン・マリク、ジジと破局後プラスサイズのデートアプリに登録 過去には「ふくよかな女性が好み」と発言の画像

元「ワン・ダイレクション」のメンバーで歌手のゼイン・マリク(29)が、プラスサイズ専門のデートアプリに登録していたことが明らかになった。ゼインは昨年、長年のパートナーだったモデルのジジ・ハディッドと破局したばかりだ。


ゼイン・マリクは昨年10月、恋人ジジ・ハディッドとその母ヨランダ・ハディッドに対して暴力行為を行ったことを理由に、破局したことが報じられた。

当時ゼインは事実関係を否定していたものの、後日には彼が2人に対するハラスメントですでに起訴されていたことが明らかになった。法廷でゼインは4つのハラスメント容疑を認め、360日間の保護観察とアンガーマネジメントコースへの参加、ヨランダや喧嘩を目撃した警備員との接触禁止を言い渡された。

ゼインとジジは2015年から交際をスタート、破局と復縁を繰り返したものの、2020年9月には第1子となる愛娘Khaiちゃんが誕生していた。

そして現在シングルとなったゼインが、プラスサイズ専門のデートアプリ「WooPlus」に登録したことを、英メディア『The Sun』が現地時間11日に伝えたのである。

同アプリの公式サイトでは「ふくよかな曲線美を持つ人々が、デートや愛を見つけることを楽しむアプリです」と説明されている。

このアプリは顔認証システムを使用してユーザーの身元を確認するものだが、ネット上ではゼインが同アプリで絵文字のチャレンジをしている姿が流出してしまったのだ。

ゼインがアップしたのは、口の周囲とあご全体に長いヒゲを生やし、黒いTシャツを着た自身の自撮り動画だ。ゼインは上部に添えられた4つの絵文字に合わせ、さまざまな表情を見せている。

アプリではユーザー名を「Zed」と名乗り、所在地は米フィラデルフィアのオッツビルと記しているという。

ゼインは2016年に米誌『Billboard』のインタビューに応じた際、好みのタイプについて「僕は、特定の部分が少しぽっちゃりした女性が好みなんだ。ナイスな部分がね。ふくよかな女性が好きだよ」と明かしていた。

しかしゼインがこれまでに交際してきたのは、ジジの他にもモデルのニーラム・ギル(Neelam Gill)、ガールズ・グループ「リトル・ミックス」のメンバー、ペリー・エドワーズといったスリムな女性達だ。

そんなゼインがプラスサイズ専門のデートアプリに登録したことについて、SNSではこのような意見が飛び交った。

「過去の恋人はみんな細身のモデルとかだよね。彼がぽっちゃりという意味をどう捉えているのか、興味深いな。」
「ゼインは幸せで健康そうだ。相性の良い相手が見つかると良いね。自分の名声のために彼を利用したり、子供を有名にしようとするお節介な母親に出会わないことを祈るよ。」
「良かった! 彼は多分食事制限をする人より、食事を楽しむ人を求めているのよ。」

画像は『Zayn Malik 2021年9月13日付Instagram』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)