デヴィッド・ベッカム、妻ヴィクトリアの驚きの食生活を明かす「25年間同じものを食べている」

デヴィッド・ベッカム、妻ヴィクトリアの驚きの食生活を明かす「25年間同じものを食べている」

デヴィッド・ベッカム、妻ヴィクトリアの驚きの食生活を明かす「25年間同じものを食べている」の画像

デヴィッド・ベッカム(46)が、スリムな体型を維持する妻ヴィクトリア(47)の食生活を明かした。ヴィクトリアはデヴィッドと出会ってから毎日同じものを食べており、夫と同じ皿の料理をシェアしたのは娘を妊娠中の時だけだったという。


デヴィッド・ベッカムが現地時間1日に配信されたポッドキャスト『River Cafe Table 4』にゲスト出演し、妻ヴィクトリア・ベッカムの食生活に言及した。

1990年代に英ガールズグループ「スパイス・ガールズ」の“ポッシュ・スパイス”として活躍したヴィクトリアは当時からスリムな体型を維持しており、現在自身が展開するファッションやスキンケアのブランドではモデルを務めることもある。

番組でデヴィッドは、食へのこだわりについて「僕はワインや食べ物について、かなり感情移入してしまうんだ。美味しいものを食べている時は、みんなに食べて欲しくなるしね」と説明した後、妻ヴィクトリアがどのような食生活をしているかを明かした。

「残念なことに僕は、過去25年間毎日同じものを食べ続けている人と結婚した。彼女は僕と出会ってから、焼き魚と蒸し野菜しか食べていないんだ。そこから抜け出すことはないだろうね。」

デヴィッド曰く、ヴィクトリアと同じ皿の料理をシェアしたことがあるのは、彼女が末っ子ハーパーちゃん(10)を妊娠していた時だけだったそうだ。

デヴィッドは当時を振り返り、「最も素晴らしい出来事だった。僕のお気に入りの夜のひとつだね。どんな料理だったかは覚えていないけど、彼女はあれ以来、その料理を食べたことはないよ」と述べた。

ヴィクトリアは過去に自身の食の好みについて、油やバター、ソースなどで調理したものが嫌いで、蒸し野菜にバルサミコ酢をかけたものなどシンプルな味付けが好みだと明かしていた。

外食する際には野菜だけを注文することが多く、彼女にとって癒しの食は、塩をふりかけた全粒粉パンのトーストだとも話している。

デヴィッドとヴィクトリアにはブルックリン(22)、ロメオ(19)、クルス(16)、ハーパーちゃんの4人の子供がいるが、最近デヴィッドは自宅でひとり時間を過ごす機会があり、料理を思い切り楽しんだことを番組で明かした。

デヴィッドはイタリアから帰国して5日間の隔離生活をしていたため、ヴィクトリアの両親が開いたパーティに参加できなかったそうだ。しかし家族が外出したことを密かに喜び、このように過ごしたという。

「Tボーンステーキと英国産の“Wagyu”という最も素晴らしい2種類の肉を食べたんだ。自分への褒美として、最高の赤ワインをグラスに注いだよ。その日の午後には、1人でサッカーの試合を観戦することになっていたからね。」

画像は『David Beckham 2021年2月14日付Instagram「Happy Valentines to the most amazing mummy and the most inspiring wife..」、2022年2月1日付Instagram「Learnt a new dish to celebrate Lunar New Year …」』『Victoria Beckham 2022年1月2日付Instagram「I love you」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)