エリザベス女王、ウクライナ支援のために寛大な寄付

エリザベス女王、ウクライナ支援のために寛大な寄付

エリザベス女王、ウクライナ支援のために寛大な寄付の画像

エリザベス女王(95)が、ロシアによる軍事侵攻を受けているウクライナの人々を支援するため、寛大な寄付金を寄せたことが明らかになった。ウクライナやポーランドなどで避難所や食料を提供する慈善団体への資金を募る英国の災害緊急委員会が女王に向けて感謝を伝えている。


現地時間3日、英国の慈善団体が構成する「災害緊急委員会(The Disasters Emergency Committee、DEC)」が、ウクライナを支援するための寄付をしたエリザベス女王に向けて公式ツイッターでこのようなメッセージを記した。

「災害緊急委員会を継続的にサポートし、DECウクライナの人道的支援アピールに寛大な寄付をしてくださった女王陛下に感謝いたします。」

女王が寄付した金額は明らかにされておらず、バッキンガム宮殿も公表を拒否している。

DECは英国十字社やアクションエイド、セーブ・ザ・チルドレンなど15の慈善団体が参加する組織で、海外で災害発生時に短期間で寄付金を集める活動をしている。

同委員会は、先月24日にロシア軍がウクライナへの侵攻を開始したことを受け、現地時間3日から緊急支援を行うための資金調達の呼びかけを始めた。

今回の募金活動はウクライナやポーランド、モルドバ、ルーマニア、ハンガリー、スロバキアの現地で食料や水、避難所などを提供する慈善団体に分配する資金を集めることが目的だ。

なおエリザベス女王が寄付を寄せる前にも、英王室メンバーはウクライナの人々への支援を表明していた。

先月26日には、ウィリアム王子とキャサリン妃が公式ツイッターでウクライナへの支持を表明した。夫妻は2020年10月、バッキンガム宮殿を訪問したウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領とオレナ夫人と対面している。

ウィリアム王子夫妻からのメッセージを受け、1日にはゼレンスキー大統領が自身のツイッターで感謝の言葉を述べていた。

2日には、チャールズ皇太子とカミラ夫人がロンドンに住むウクライナ人コミュニティと交流。夫人はウクライナのプリスタイコ(Vadym Prystaiko)駐英大使の妻を抱き寄せ、「あなた達のために祈っています」と涙ぐんで伝えた。

チャールズ皇太子は即興のスピーチを行い、「私と妻は今日の訪問中に聞いたすべてのことや、このような恐ろしい侵略に直面したウクライナ人コミュニティの並外れた勇気と寛大さ、不屈の精神に深く感動しました」と述べ、ウクライナを支持する気持ちを加えた。

「私達の思いと祈りが、たとえ不十分なものであったとしても、最も困難な時期を過ごす人々と共にあります。」

画像は『The Royal Family 2021年10月2日付Instagram「The Queen and The Duke and Duchess of Rothesay attended the Opening of @ScotParl this morning.」』『DEC 2022年3月3日付Twitter「Many thanks to Her Majesty The Queen for continuing to support the Disasters Emergency Committee and for making a generous donation to the DEC Ukraine Humanitarian Appeal.」』『Clarence House 2022年3月3日付Instagram「“Our thoughts and prayers, however inadequate they may be, are with all of you at this most critical of times.”」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)