ヘンリー王子、祖父の追悼式には帰国せず 「女王を侮辱している」王室伝記作家が激怒

ヘンリー王子、祖父の追悼式には帰国せず 「女王を侮辱している」王室伝記作家が激怒

ヘンリー王子、祖父の追悼式には帰国せず 「女王を侮辱している」王室伝記作家が激怒の画像

ヘンリー王子が、今月末にロンドンで行う故エディンバラ公フィリップ王配の追悼式に出席しないことを発表した。王子は王室離脱後に英国での警察警護を失ったことから、自費による警備を取り戻すための法廷争いを開始したばかりだ。


ヘンリー王子の広報担当者は現地時間11日、3月29日にロンドンのウエストミンスター寺院で行われる祖父の追悼ミサのために、王子が英国に帰国することはないと伝えた。

ヘンリー王子の祖父であるエディンバラ公フィリップ王配は昨年4月9日、老衰のために99歳で逝去。2020年に王室離脱後米国に移住した王子は、葬儀に参列するために約1年ぶりに一時帰国した。

しかし王子は王室離脱後、税金による英国での警察警護を失っていた。その後個人的に警備費を支払うと申し出たが内務省に拒否されたため、今年2月には警察警備を取り戻すための法廷争いが開始された。

こういった理由から、王子の弁護士は現在の警備態勢で渡英するのは安全ではないと主張していると英メディア『Daily Mail Online』が伝えている。

英メディア『The Sun』が取材した王室の上級補佐官によると、ヘンリー王子の欠席がエリザベス女王に報告されたのは、声明が発表されるわずか15分前だったという。

今回の王子の決断に対し、王室伝記作家でヘンリー王子の公式伝記本『Harry: Conversations with the Prince』の著者アンジェラ・レヴィン氏は、怒りを持ってコメントした。

「彼はエディンバラ公をないがしろにした。このことは73年間連れ添った夫を失い、今もなお悲観に暮れているエリザベス女王を侮辱したことになるのです。」

レヴィン氏は、王子が追悼式に欠席することは「自分の思い通りにするための脅迫のようなものだ」と説明し、こう続けた。

「彼はこのことを全く誤解している。王室行事のために帰国すれば、警察警護は得られるのです。ただ王子が友人達と外出する場合には、護衛がつかないということなのです。」

今年はエリザベス女王が英国史上初となる即位70周年「プラチナ・ジュビリー」を迎えた記念すべき年だ。6月2日から5日の4日間はバッキンガム宮殿前でパレードやコンサートなど盛大な祝祭が開催され、王室メンバーも出席する予定だ。

レヴィン氏はこのことにも言及し「彼はおそらく同じ理由を使って、プラチナ・ジュビリーの祝典からも逃れようとするのでしょう」と非難している。
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)