エリザベス女王、健康状態が「万全ではない」と報道 愛犬の散歩もできないほどに

エリザベス女王、健康状態が「万全ではない」と報道 愛犬の散歩もできないほどに

エリザベス女王、健康状態が「万全ではない」と報道 愛犬の散歩もできないほどにの画像

エリザベス女王(95)は体調が優れず、半年前から愛犬達を散歩に連れ出すこともできなくなっているという。女王は現地時間14日にウェストミンスター寺院で開催する「コモンウェルスデー記念式典」への出席を断念すると発表したばかりだ。


バッキンガム宮殿は現地時間11日に声明を発表し、14日にロンドンのウェストミンスター寺院で開催する「コモンウェルスデー記念式典」にエリザベス女王が出席せず、チャールズ皇太子が代理を務めると伝えた。

欠席の理由については明らかにしておらず、女王が王室と取り決めを話し合った結果だと説明していた。英連邦加盟国の記念日を祝う同式典は毎年王室高位メンバーが出席するフォーマルイベントで、当日は皇太子のほか、カミラ夫人やウィリアム王子・キャサリン妃夫妻らが出席する予定だ。

英メディア『The Sun』の王室情報筋によると、現在ウィンザー城で暮らす女王がロンドンに移動した後、イベント会場に1時間も滞在した時の健康状態を懸念したという。

また女王は加齢により心身が虚弱化する「フレイル」状態が進んでおり、半年前から愛犬のコーギー達を散歩に連れ出すこともできなくなっていると伝えた。

女王は昨年10月に検査のため一晩入院した後、医師の助言を受けて対面式公務をしばらく控え、軽い事務やオンライン公務のみをこなしていた。

今年2月にはウィンザー城で対面式公務を行ったが、その際には杖をついて立ち「御覧の通り、動けないのです」と話していた。そのため、写真を見た人々からは「痩せたのでは」と心配する声があがっていた。

前出の情報筋は「彼女は万全の健康状態ではありません」と言い、女王と愛犬達の関係についてこう説明した。

「女王は危機やストレスに直面した時には、必ず愛犬のコーギー達を頼りにしています。昨年フィリップ王配が病に倒れ、後に亡くなった時にも、ほぼ毎日彼らを散歩に連れ出していたのです。」

女王は18歳の誕生日プレゼントとして迎えたコーギー犬“スーザン(Susan)”を飼い始めて以来、スーザンの子孫にあたるコーギーやドーギー(ダックスフンドとウェルシュ・コーギーの交雑種)を30匹以上飼ってきた。

現在はコーギー犬の“ミック”、ドーギーの“ファーガス”と“キャンディ”の3匹がロイヤルドッグとして飼われている。

女王が愛犬達の散歩をすることができなくなってからは、女王の側近者が毎日3匹を散歩に連れ出しているという。同情報筋は「愛犬達が非常に大きな慰めとなっているので、本当に残念なことです」と話している。

画像は『The Royal Family 2022年2月16日付Instagram「Today at Windsor Castle, Rear Admiral James Macleod was received by The Queen upon relinquishing his appointment as Defence Services Secretary.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)