キャサリン妃、ウクライナを支援する全身ブルーの装いでコモンウェルスデー記念式典に出席

キャサリン妃、ウクライナを支援する全身ブルーの装いでコモンウェルスデー記念式典に出席

キャサリン妃、ウクライナを支援する全身ブルーの装いでコモンウェルスデー記念式典に出席の画像

ウィリアム王子とキャサリン妃が、ロンドンのウェストミンスター寺院で開催した「コモンウェルスデー記念式典」に出席した。妃はブルーのコートドレスと帽子に、故ダイアナ妃から受け継いだサファイアのジュエリーセットを着用。全身ブルーの装いで、ウクライナへの支援の気持ちを表した。


現地時間14日、ロンドンのウェストミンスター寺院で英連邦加盟国の記念日を祝う「コモンウェルスデー記念式典」が行われた。2021年の式典はパンデミックのために中止され、代わりに小規模なイベントが行われた。

同式典は王室高位メンバーが出席するフォマールイベントだが、今年はエリザベス女王が出席を断念したため、チャールズ皇太子とカミラ夫人夫妻、ウィリアム王子とキャサリン妃夫妻が女王の代理を務めた。

ウェストミンスター寺院は、ウィリアム王子とキャサリン妃が2011年4月にロイヤルウエディングを執り行った、2人にとって思い出深い場所でもある。

この日キャサリン妃はブルーのコートドレスと帽子を着用、ウィリアム王子はネイビーブルーのスーツに、淡いブルーのネクタイを合わせていた。ブルーはウクライナの国旗の色のひとつであることから、2人は同国への支援の気持ちを表したとみられる。

妃が纏っていたのは「キャサリン・ウォーカー」のオーダーメイドによるコートドレスだ。ひざ下まであるロング丈で、高級感のあるベルベットの襟が特徴的だ。シャープな肩のラインと大きなポケットのフラップで、すっきりとしたシルエットを強調している。

ドレスには「Lock & Co. Hatters」のブルーの帽子と「ルパート・サンダーソン」による同色のハイヒールを合わせ、故ダイアナ妃が所有したサファイアのジュエリーセットをつけて、全身ブルーのコーディネートを完成させた。

妃は2020年10月、バッキンガム宮殿でウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領とオレナ夫人を歓迎した時にも、今回と同じネックレスとイヤリングをつけていた。

ロシアがウクライナへの軍事侵攻を開始後、ウィリアム王子夫妻は公式ツイッターを通してウクライナの人々への支持を伝えており、後日ゼレンスキー大統領が感謝のツイートを公開していた。

今月11日に夫妻がロンドンのウクライナ文化センターを訪問した際には、キャサリン妃がブルーのセーターを、ウィリアム王子はネイビーブルーのセーターとスーツを着て、同国への支援を表現していた。

「コモンウェルスデー記念式典」が終了後には、キャサリン妃が子供達からブルーやイエローの花を束ねたブーケを受け取る場面があった。ケンブリッジ公爵夫妻の公式Instagramがこの写真を公開すると、フォロワーからはこのようなコメントが寄せられた。

「キャサリン妃は美しいだけでなくクラシック。服装でウクライナの人々にオマージュを捧げているのよ。」
「素晴らしい色の組み合わせ。英連邦の平和を意味するパシフィックブルーに、ウクライナで苦しむ人々への支援としてイエローの花が加えられている。」

なお王室メンバーは「コモンウェルスデー記念式典」に出席する場合のドレスコードとして、英国旗の色であるレッドかホワイト、ブルーの衣装を着ることが慣習となっている。

画像は『Duke and Duchess of Cambridge 2022年3月14日付Instagram「Fantastic to come together to celebrate #CommonwealthDay and modern, vibrant and diverse communities across the globe at Westminster Abbey today.」、2022年3月14日付Instagram』『Clarence House 2022年3月14日付Instagram「The Prince of Wales and The Duchess of Cornwall arrive for the #CommonwealthDay Service at Westminster Abbey.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)