エリザベス女王が所有するバルモラル城敷地内のコテージに、車椅子専用エレベーターが設置

エリザベス女王が所有するバルモラル城敷地内のコテージに、車椅子専用エレベーターが設置

エリザベス女王が所有するバルモラル城敷地内のコテージに、車椅子専用エレベーターが設置の画像

エリザベス女王(95)がスコットランドに所有するバルモラル城敷地内のコテージに、車椅子専用エレベーターが設置されたという。今年で即位70周年を迎えた女王は、今後は多くの時間をバルモラル城で過ごす計画とみられている。


エリザベス女王がスコットランドのアバディーンシャーに所有するバルモラル城は、毎年夏の休暇を王室メンバーとともに過ごす場所だ。森林に囲まれた壮大な敷地内には150もの建物があるが、その中でも女王のお気に入りが毎年4月と8月に滞在する“クレイゴワン・ロッジ(Craigowan Lodge)”というコテージだ。

7部屋の寝室がある石造りの建物で、バルモラル城からは1マイル(約1.6キロ)ほど離れた場所にある。1981年にはチャールズ皇太子と故ダイアナ妃がハネムーンで訪れた際に滞在した隠れ家的な存在だ。

現在のエリザベス女王はウィンザー城で生活しており、対面式の公務なども城内で行っている。しかし最近は杖をついて立つ姿が見られており、半年前から愛犬の散歩もできなくなったと報じられていた。

そんな女王が最近、クレイゴワン・ロッジに車椅子用のエレベーターを設置したことから、今後はスコットランドでより多くの時間を過ごすことになるだろうと考えられている。

英メディア『The Sun』によると、コテージにはすでに2万ポンド(約314万円)のエレベーターが取り付けられ、今後は新たなセキュリティゲートや最新式のインターホンシステム、監視カメラなどが設置される予定という。

このたび設置されたのは、家庭用エレベーターを製造する「Lifton」社で最大のエレベーター「Lifton Trio」だ。車椅子用にデザインされたエレベーターには大人3人と車椅子1台が乗れるため、女王は階段を使用せずに寝室に行くことが可能となる。

バルモラル城の情報筋は、クレイゴワン・ロッジついて「私達は、女王が年齢を重ねた時により多くの時間を過ごすのに最適な場所だと考えてきました」と語り、こう続けた。

「本格的なエレベーターと新たなセキュリティの設置により、コテージを効果的に封鎖することができるのです。女王は90代後半になってもこの場所で静かに、より多くの時間を過ごすことができるでしょう。」

現在コテージは1年間の大半が空き家となっているため、観光客や車が近づかないよう、地元議会に新しいセキュリティ対策を申請しているという。

王室伝記作家イングリッド・スワード氏は「クレイゴワンは女王のお気に入りの邸宅のひとつで、滞在するのが大好きな場所なのです」と語り、このように説明した。

「完璧に理にかなっています。女王がいつも楽しく過ごした場所であり、少しばかりの自立を与えることにもなりますから。」

画像は『The Royal Family 2021年10月1日付Instagram「Today The Queen and The Duke of Rothesay welcomed local schoolchildren onto the Balmoral Estate to mark the start of the @QueensGreenCanopy tree planting season in the UK.」、2021年8月9日付Instagram「The Queen has arrived at Balmoral Castle for her summer break.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)