ウィリアム王子&キャサリン妃、ベリーズの村で伝統ダンスを楽しむ 地元民も感激「素晴らしいリズム感」

ウィリアム王子&キャサリン妃、ベリーズの村で伝統ダンスを楽しむ 地元民も感激「素晴らしいリズム感」

ウィリアム王子&キャサリン妃、ベリーズの村で伝統ダンスを楽しむ 地元民も感激「素晴らしいリズム感」の画像

ウィリアム王子とキャサリン妃がカリブ海ツアーの2日目に、中米ベリーズのホプキンス村にあるカカオ農園を訪問した。村民達からダンスで歓迎された夫妻は、地元の人々に混ざり、伝統的な踊りに挑戦した。王子と一緒に踊った女性は「彼は腰を振りながら、とても上手に踊っていた」と述べている。


ウィリアム王子とキャサリン妃は、エリザベス女王の即位70周年「プラチナ・ジュビリー」を記念し、女王の代理として8日間のカリブ海ツアーを開始した。

夫妻は現地時間19日にカリブ海に面した小国ベリーズに到着。翌日20日には、同国東部の海岸沿いにあるホプキンス村を訪れ、村にあるマヤカカオ農園を視察した。

本来なら夫妻はベリーズのインディアン・クリーク村にあるカカオ農園を訪問する予定だったが、村人達の反対運動が勃発したため、予定が急遽変更された。

ホプキンス村に着いたウィリアム王子とキャサリン妃は村を案内された後、ガリフナ文化センター(Garifuna Cultural Centre)を訪問した。

夫妻がセンターに到着すると村民達がダンスを踊って歓迎し、キャサリン妃に木製のマラカスを手渡した。すると妃は地元の9人の小学生達に交ざり、一緒にダンスを始めたのである。

その様子を眺めていたウィリアム王子もしばらくするとダンスに参加し、現地の主催者ローラ・カチョさん(Laura Cacho、57)と手を繋いで踊りを楽しんだ。

英メディア『Daily Mail Online』『Mirror Online』などによると、ローラさんは王子と踊った後、「とてもエキサイティングだったわ。夢が叶ったのよ。楽しかった。彼はダンスが上手ね。私は彼に、ガリフナの文化を受け継いでいるわねと伝えたのよ」と述べたという。

この際王子は、人々が作った輪の中で男女が向かい合い腰を振りながら踊る、ガリフナ伝統の「プンタダンス」に挑戦したという。ローラさんは伝統的なダンスに挑戦した王子をこのように称賛している。

「彼は私より上手にプンタダンスを踊ったわ。音楽に合わせて腰を振り、素晴らしいリズム感だった。私はとても嬉しかったのよ。」

さらにキャサリン妃のダンスについても「彼女も同じように素晴らしかった。間違いなく、ガリフナの文化を持っているわね」と褒め称えた。

夫妻は熱心にダンスに取り組んでいたらしく、ローラさんは「彼らは、猛烈な勢いで腰を振っていましたよ」と話していた。

ウィリアム王子とキャサリン妃は、ベリーズに到着した日に同国の国旗の色であるブルーのファッションを纏っていたが、この日もブルーの装いで同国への敬意を表した。

キャサリン妃が着ていたのは「トリーバーチ」によるブルーのサマードレスだ。大胆な花柄が施された半袖ドレスで、スカートが裾に向けてふわりとしたティアードスタイルだ。ブルーのイヤリングは「セザンヌ(SEZANE)」によるもので、布製のボールがフープ型に連なっている。

ウィリアム王子は、ライトブルーのシャツにネイビーブルーのズボンを合わせていた。

夫妻がダンスをする動画をケンジントン宮殿の公式SNSが公開すると、フォロワーからは「王子が踊ってる!」「王子のダンスは素晴らしい」「踊っているキャサリン妃は愛らしいわね」といったコメントが寄せられた。

画像は『Duke and Duchess of Cambridge 2022年3月20日付Instagram「This is Julio, a master in chocolate making with his family and he’s just given us a tour of their cocoa plantation farm here in southern Belize.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)