ウィリアム王子&キャサリン妃、ジャマイカ訪問最終日は軍事パレードに出席

ウィリアム王子&キャサリン妃、ジャマイカ訪問最終日は軍事パレードに出席

ウィリアム王子&キャサリン妃、ジャマイカ訪問最終日は軍事パレードに出席の画像

現在カリブ海ツアー中のウィリアム王子とキャサリン妃が、ジャマイカ訪問の最終日に軍事パレードに出席した。この日、夫妻が会場を去る時にランドローバーの荷台に立つ姿がかつてエリザベス女王と故エディンバラ公フィリップ王配が同国を訪問した際を再現したようだと話題になっている。


ウィリアム王子とキャサリン妃はエリザベス女王の即位70周年「プラチナ・ジュビリー」を記念し、女王の代理で8日間にわたるカリブ海ツアーを行っている。

現地時間19日にはベリーズに到着してツアーを開始、22日にはジャマイカの首都キングストンに移動しトレンチタウンを訪問。23日には同国の総督官邸で開催した晩餐会に出席していたが、翌24日にはキングストンで行われた軍事パレードに姿を見せた。

ウィリアム王子は白い軍服に身を包み颯爽とした姿で登場。キャサリン妃は「アレキサンダー・マックイーン」のレースのドレスに、帽子とハイヒールを合わせた全身白の装いだ。

夫妻が式典を去る際にはダークグリーンの「ランドローバー」のオープンカーの荷台に立ったが、この姿は1953年11月にエリザベス女王と故エディンバラ公フィリップ王配がジャマイカを訪問した際を再現したようだと報じられた。

英メディア『Daily Mail Online』によると当時、白い軍服姿の王配と白いドレスを着た女王がランドローバーの荷台に立ち、キングストンのサビナパークで開催した子供達の集会を訪問していた。さらに今回、ウィリアム王子夫妻が乗っていたランドローバーは女王と王配が1960年にジャマイカを訪れた時に使用した車両と同じものとのことだ。

ウィリアム王子夫妻が参加したのは、カリブ海陸軍士官学校(Caribbean Military Academy)の士官養成課程を修了した軍人を対象としたジャマイカ国防軍の任命式パレードだ。

式典でスピーチを行ったウィリアム王子は、ジャマイカ出身のレゲエ歌手ボブ・マーリーの言葉を引用し、パレードに立つ若い男女に向かってこう伝えた。

「不確実性と危険の中で、男女を率いるよう求められるのは大変なことだ。強くあることが唯一の選択肢となるまでは、自分がどれほど強いかを決して知ることはない。」

夫妻がジャマイカに到着する数時間前には空港の外で抗議デモが勃発しており、参加者らは過去の奴隷制度への賠償や女王の君主制を廃止して島を共和国に移行することを要求していた。

こういった事態を受け、王子は23日夜の晩餐会のスピーチで過去の奴隷貿易における英国の歴史的問題に正面から向き合った。王子は父チャールズ皇太子が昨年12月、女王の君主制を廃止し共和制へと移行したバルバドスで奴隷制を非難したことに触れ、このように述べた。

「バルバドスで昨年、奴隷制という恐ろしい残虐行為が我々の歴史を永遠に汚すと述べた私の父の意見に強く同意します。私は深い悲しみを表明したいと思っています。奴隷制度は忌まわしいものでした。決して起こってはならないことだったのです。」

そして「痛みは深いものの、ジャマイカは決意と勇気と不屈の精神で未来を切り開き続けています。ジャマイカの人々の強さと共通の目的意識はあなた方の国旗とモットーに表されており、無敵の精神を称えています」と人々を勇気づけた。

画像は『Duke and Duchess of Cambridge 2022年3月24日付Instagram「An honour to attend the inaugural Commissioning Parade for the Initial Officer Training Programme at the Caribbean Military Academy this morning.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)