キャサリン妃、バハマでレセプションに出席 シンデレラ風のドレス姿に「ゴージャス」「本当に美しい!」

キャサリン妃、バハマでレセプションに出席 シンデレラ風のドレス姿に「ゴージャス」「本当に美しい!」

キャサリン妃、バハマでレセプションに出席 シンデレラ風のドレス姿に「ゴージャス」「本当に美しい!」の画像

ウィリアム王子とキャサリン妃が、カリブ海ツアーの最後の訪問国であるバハマでレセプションパーティに出席した。妃がシンデレラのようなロングドレスで会場に現れる姿がSNSに公開されると、王室ファンは「プリンセス!」「ゴージャスなスタイル」と絶賛した。


ウィリアム王子とキャサリン妃は、エリザベス女王の即位70周年「プラチナ・ジュビリー」を記念し、女王の代理で8日間にわたるカリブ海ツアーを行った。

現地時間19日にはベリーズに到着し、カリブ海の英連邦加盟国3か国を訪問するツアーをスタート。22日はジャマイカへ移動し、24日からはツアー最終地となるバハマを訪問した。

25日にはバハマの首都ナッソーにある小学校を訪れたが、到着時には大雨に見舞われたために夫妻は傘をさして歩くこととなった。

この時キャサリン妃が「なんて天気かしら。ごめんなさいね。私達がイギリスの天気を持ってきてしまったわ」と言うと、ウィリアム王子が「どうやら、僕達が雨を持ち込んだようだね」と同意していた。

夫妻は同日夜、ナッソーのケーブルビーチにあるリゾートホテル「Grand Hyatt Baha Mar」で同国のコーネリアス・アルビン・スミス総督が主催するレセプションパーティに出席した。

ウィリアム王子はブルーのベルベットのブレザーに蝶ネクタイ姿で正装し、キャサリン妃はバハマの国旗の色を表すブルーのドレスを纏って会場に現れた。

妃が着ていたのは、英国の高級ウエディングドレスデザイナー「フィリッパ・レプリー(Phillipa Lepley)」による“Vienna Crossover”という名のサテン生地のドレスだ。

肩にリボンのディテールが施されたドレスは、スカートが裾にかけて大きく広がるデザインだ。アイスブルーのサテンにふわりとしたシルエットは、まるでシンデレラのような雰囲気を漂わせている。

手元には「ルル・ギネス(Lulu Guinness)」のサテンのクラッチバッグを持ち、「ジャンヴィト・ロッシ(Gianvito Rossi)」のハイヒールを履いていた。

ネックレスとイヤリングは、「ヴァンクリーフ&アーペル」による“マジック・アルハンブラ・コレクション”で、マザー・オブ・パールを配したものだ。

同国でエリザベス女王の代行を務めるスミス総督が主催したレセプションで、夫妻はバハマの島々から集まったコミュニティのリーダーや著名人と対面した。

キャサリン妃の華やかなドレス姿がSNSに公開されると、王室ファンから「プリンセスだわ!」「本当に美しい!」「素敵ね。ゴージャスなスタイル。素晴らしいわ」「ツアーで着たドレスは全部好きよ。妃はとても綺麗ね」と称賛のコメントで埋めつくされた。

画像は『Duke and Duchess of Cambridge 2022年3月26日付Instagram「Attending a reception held by the Governor General of The Bahamas this evening」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)