ウィリアム王子、カリブ海ツアー最終日に異例の声明 英連邦国の将来は「人々が決めること」

ウィリアム王子、カリブ海ツアー最終日に異例の声明 英連邦国の将来は「人々が決めること」

ウィリアム王子、カリブ海ツアー最終日に異例の声明 英連邦国の将来は「人々が決めること」の画像

ウィリアム王子とキャサリン妃が、8日間にわたるカリブ海ツアーを終えた。今回の訪問先では女王の君主制に対する抗議デモが勃発するという事態に直面したが、これを受けてウィリアム王子はツアー最終日に異例の声明を発表し、英連邦3か国の将来は「人々が決めること」「リーダーに誰を選ぶかは私の頭の中にはない」と述べた。


ウィリアム王子とキャサリン妃は現地時間19日から26日にわたり、エリザベス女王の即位70周年「プラチナ・ジュビリー」を記念するカリブ海ツアーを行った。

夫妻は女王の代理でカリブ海の英連邦加盟国ベリーズとジャマイカ、バハマの3か国を公式訪問したが、ベリーズとジャマイカでは王室からの訪問に対する抗議デモが勃発していた。

ツアー最終日の26日にはウィリアム王子が異例の声明を発表し、「今回の公式訪問で、過去と未来への問いかけがより鮮明になったのは確かです。ベリーズとジャマイカ、バハマの将来は人々が決めることです」とカリブ海諸国での将来の統治に関する考察を伝えた。

今回は夫妻にとって、初めてのカリブ海ツアーだった。王子は現地での貴重な体験について「海外ツアーは振り返る機会でもあります。首相の思いや小学生たちの希望と野望、家族や地域が直面する日々の課題など多くのことを学びました」と述べ、このように続けた。

「私たちは3か国のコミュニティと一緒に時間を過ごし、彼らにとって最も重要な問題について、より深く理解することを非常に楽しみました。」

そして王子は「キャサリンと私は奉仕に専念しています。それは人々へ何をすべきかを指示することではありません」と君主制に反対する人々の気持ちを支持し、英連邦3か国との今後の関係についてこう述べた。

「我々が幸運にも持つプラットフォームを使い、彼らが最良だと思える方法で奉仕とサポートを提供することです。だからこそ我々が英連邦国の人々の役に立ち、世界中のコミュニティの声に耳を傾けたいという願いが再確認できるのです。」

その後、英連邦国の将来について「彼らが家族のリーダーに誰を選ぶかは、私の頭の中にはありません」と伝え、こう締めくくった。

「我々にとって重要なのは、英連邦国のファミリーが国を形成する人々のためにより良い未来を創造する可能性を持ち、私達ができる限りの奉仕と支援を約束することなのです。」

夫妻が22日にジャマイカのキングストンに到着する数時間前には、空港の外で過去の奴隷制度への賠償や島の共和制への移行を求めるデモが起こっていた。

これを受け、王子は翌23日夜に出席した晩餐会でスピーチを行い「奴隷制は忌まわしい。決して起こってはならない」と英国の過去の歴史を批判していた。

画像は『Duke and Duchess of Cambridge 2022年3月26日付Instagram「Two and a half years after Hurricane Dorian hit Abaco, today it’s people have shown us that their strength, love and sense of community is as strong as ever.」、2022年3月24日付Instagram「Already in our short time here in Jamaica, Catherine and I are delighted to have felt what Bob Marley described so many years ago」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)