ウィル・スミス、ビンタ騒動で逮捕寸前もクリス・ロックが制止していた 式典のプロデューサーが激白

ウィル・スミス、ビンタ騒動で逮捕寸前もクリス・ロックが制止していた 式典のプロデューサーが激白

ウィル・スミス、ビンタ騒動で逮捕寸前もクリス・ロックが制止していた 式典のプロデューサーが激白の画像

第94回アカデミー賞授賞式の壇上でプレゼンターのクリス・ロック(57)を平手打ちしたウィル・スミス(53)。その現場にいたロサンゼルス市警察がその場で逮捕する寸前だったことを、式典のプロデューサーが明かした。警察官らはすぐに行動を起こす準備をしていたものの、クリスが強く制止したという。


現地時間3月27日に米ロサンゼルスで開催したアカデミー賞授賞式のステージで、プレゼンターでコメディアンのクリス・ロックがウィル・スミスの妻で女優のジェイダ・ピンケット=スミス(50)の容姿を揶揄するジョークを放った。これに激怒したウィルがステージに上がり、クリスに平手打ちをしたのである。

同授賞式のプロデューサー、ウィル・パッカー氏はアメリカの朝の人気番組『Good Morning America』のインタビューに応じ、騒動が起こった当時にはロサンゼルス市警察の警察官がウィルを逮捕する準備をしていたが、クリスは告発を拒否したと明かした。

米時間4月1日放送のインタビューの予告編では、パッカー氏が「ロックが告訴するのを拒んだため、当局は行動を起こさなかった」と説明し、当時現場にいた警察官の様子についてこのように語っている。

「彼らはあの瞬間、『これは傷害事件だ』と言っていた。『我々が彼を捕まえに行く。準備万端だ。今すぐ捕らえる用意はできている。あなたは告訴しても良いんだ。彼を逮捕することができるから』とね。」

現場では警察官がクリスに選択肢を提示したが、途中でクリスは『いやいや、僕は大丈夫だから』と選択肢に対して全く否定的な様子を見せたという。

そのため、その場にいたパッカー氏が「ロック、彼らに最後まで説明してもらおう」とクリスに言い聞かせた。警察官が選択肢を示し終えた後、「我々に何か行動を起こしてほしいですか?」と尋ねるとクリスは「ノー」と答え、告訴することを拒否したそうだ。

今回、アカデミー賞授賞式史上初となる全員黒人のスタッフによる制作チームをリードしたパッカー氏は、インタビューで「授賞式当日の夜、ウィルと直接会って話をすることはなかった」とも明かしている。

27日夜にロサンゼルス市警察は声明を発表し、ウィルとクリスのビンタ騒動について「捜査当局は認識していたが、関係者は警察への届け出を拒否した」と伝えていた。

そして「後日、関係者が警察への捜査報告を希望する場合には、ロサンゼルス市警察が調査報告書を作成します」と述べている。

画像2枚目は『Good Morning America 2022年3月31日付Twitter「ABC NEWS EXCLUSIVE | TOMORROW ON GMA:」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)