エリザベス女王、フィリップ王配の一周忌に思い出の写真を公開

エリザベス女王、フィリップ王配の一周忌に思い出の写真を公開

エリザベス女王、フィリップ王配の一周忌に思い出の写真を公開の画像

故エディンバラ公フィリップ王配が逝去して1年、エリザベス女王(95)が貴重な写真の数々を公開した。懐かしい瞬間を集めたビデオモンタージュを見た王室ファンからは、「女王はさぞかし寂しいだろう」と夫を亡くした女王を気遣うコメントが多数寄せられている。


エリザベス女王の夫エディンバラ公フィリップ王配は昨年4月9日、老衰のために99歳でウィンザー城で静かに息を引き取った。

1947年のロイヤルウエディング以来、女王と73年以上の結婚生活を送った王配は英国史上最長の君主の配偶者となった。

王配の逝去から1年目を迎えた現地時間9日、エリザベス女王がバッキンガム宮殿の公式SNS「The Royal Family」を通して貴重な写真を集めたビデオモンタージュを公開した。

映像では若い頃の王配の姿や公務を行う様子、女王とのロイヤルウエディングや家族とのプライベートショットなど思い出深い瞬間が捉えられている。

投稿には「エディンバラ公爵殿下の一周忌に寄せて」と記された後、英国の桂冠詩人サイモン・アーミテージ(Simon Armitage)による感動的な詩が添えられた。

『The Patriarchs ? An Elegy(家父長たち−エレジー)』と題された詩は、昨年4月に王配の死を悼み書き下ろしたもので葬儀当日に発表された。

本作は雪の降る朝の様子から始まり、“生まれながらの曾祖父”であるフィリップ王配と同世代の男性たちに捧げる詩へと展開していく。

同日の別の投稿では、1968年に撮影した女王と王配のモノクロームショットも公開された。頭上にティアラを載せた女王はドレスの上にマントを羽織っており、王配はモーニングコートを着た正礼装だ。

夫妻はロンドンのセント・ポール大聖堂で行われた、聖マイケル・聖ジョージ勲章の150周年記念礼拝を終えたところだった。同勲章は1818年、当時皇太子だったジョージ4世によって創立された英国の騎士団勲章で、君主であるエリザベス女王が主権者を務めている。

王配の思い出深い写真が公開されると、王室ファンからは夫を亡くした女王を思いやるコメントが続々と寄せられた。

「なんて美しいトリビュート。」
「殿下のことは語り継がれる。女王陛下に思いと祈りを捧げます。」
「女王陛下のことを思っています。さぞかし寂しいことでしょう。」
「懐かしい写真を共有してくれて、感謝します。」
「女王に心からの愛を送ります。」

画像は『The Royal Family 2021年4月9日付Instagram「It is with deep sorrow that Her Majesty The Queen has announced the death of her beloved husband, His Royal Highness The Prince Philip, Duke of Edinburgh.」、2022年4月9日付Instagram「1968: The Queen and The Duke Edinburgh leave St Paul’s Cathedral following a service to mark the 150th anniversary of the Order of St Michael and St George.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)