ジョージ王子とシャーロット王女、イースター礼拝に初めて出席

ジョージ王子とシャーロット王女、イースター礼拝に初めて出席

ジョージ王子とシャーロット王女、イースター礼拝に初めて出席の画像

ウィリアム王子とキャサリン妃が、長男ジョージ王子(8)と長女シャーロット王女(6)を連れてイースターの特別礼拝に出席した。夫妻の子供達が王室伝統のイースター礼拝に参加するのは、今回が初めてだ。


英国でイースターサンデーを迎えた現地時間17日、ウィンザー城内の聖ジョージ礼拝堂で毎年恒例のイースター礼拝が行われた。2020年と2021年はパンデミックで中止され久しぶりの再開となったが、エリザベス女王は移動に支障をきたしているため出席を断念。チャールズ皇太子とカミラ夫人も欠席した。

礼拝が始まる前には、王室メンバーが家族でウィンザー城に到着する姿がキャッチされた。

ウィリアム王子とキャサリン妃はジョージ王子とシャーロット王女を伴い、4人が仲良く並んでチャペルへと向かった。

キャサリン妃が着ていたのは、「エミリア・ウィックステッド(Emilia Wickstead)」で特別注文した淡いブルーのコートドレスだ。妃はコートに同色のクラッチバッグとハイヒールを合わせ、頭部には「Jane Taylor」による濃いブルーのヘッドバンドをつけていた。

シャーロット王女も淡いブルーの花柄ドレスに同色のタイツを合わせ、紺色のカーディガンを羽織っていた。ウィリアム王子とジョージ王子はダークなスーツにネクタイを締めたスマートな装いだ。

一家の後ろでは、エドワード王子とソフィー王妃が娘ルイーズさんと息子ジェームズさんを連れていた。ユージェニー王女は、いとこのピーター・フィリップスさんと2人娘サバンナさんとアイラさんと一緒に歩いていた。

女王の孫ザラ・ティンダルさんと夫マイクさんは、娘ミアちゃんとの3人でチャペルに向かう姿が目撃されている。

礼拝後にはチャペルの外でジョージ王子が聖職者と対面し、握手を交わす場面もあった。

ジョージ王子とシャーロット王女がイースター礼拝に出席するのは、今回が初めてだ。末っ子のルイ王子は今月23日に4歳の誕生日を迎えるが、まだ幼いために参加しなかったとみられる。

ジョージ王子とシャーロット王女は、先月29日にウェストミンスター寺院で執り行われた故エディンバラ公フィリップ王配の追悼式にも参列した。

子供達は寺院に入る前に緊張した様子だったが、ウィリアム王子とキャサリン妃に励まされ、聖職者達に挨拶を交わすなど堂々とした振る舞いをしたという。

ウィリアム王子一家はイースター休暇中にスキーリゾート地を訪れ、家族だけのプライベートなホリデーを楽しんだばかりだった。

画像は『Duke and Duchess of Cambridge 2021年12月10日付Instagram「Delighted to share a new image of the family」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)