キャサリン妃、真っ白なコートドレスで「アンザック・デー」記念式典にサプライズ出席

キャサリン妃、真っ白なコートドレスで「アンザック・デー」記念式典にサプライズ出席

キャサリン妃、真っ白なコートドレスで「アンザック・デー」記念式典にサプライズ出席の画像

キャサリン妃とウィリアム王子が、オーストラリアとニュージーランドの戦没者追悼日「アンザック・デー」の記念式典に出席した。会場であるロンドンのウェストミンスター寺院にサプライズ登場した妃は、シャーロット王女の洗礼式で着た白いコートドレスを纏い、故ダイアナ妃が所有したパールのイヤリングをつけていた。


毎年4月25日に迎える「アンザック・デー」は、オーストラリアとニュージーランドの国家的な戦没者追悼記念日で、第一次世界大戦のガリポリ上陸作戦開始記念日でもある。

英国では毎年ロンドンのウェストミンスター寺院で記念式典が行われ、王室メンバーが出席するのが恒例だ。

今年の式典には、ウィリアム王子がキャサリン妃を伴って寺院に到着した。妃は出席する予定ではなかったため、サプライズの登場となった。ケンジントン宮殿の広報担当者によると、スケジュールに変更が生じた結果、妃の出席が可能になったという。

この日キャサリン妃は、真っ白な「アレキサンダー・マックイーン」の膝丈のコートドレスで登場した。Vネックに大きな襟が付き、ウエスト部分がくびれたエレガントなデザインだ。2015年にシャーロット王女の洗礼式で初めて着て以来、これまでに何度か着用する姿が目撃されている。

妃はロングヘアを下ろし「ジェーン・テイラー(Jane Taylor)」による、後部に黒いリボンが付いた白いヘッドバンドをつけていた。

手元には「ジェニー・パッカム(Jenny Packham)」の黒いクラッチバッグを持ち、「ジャンヴィト・ロッシ(Gianvito Rossi)」の黒いスエードパンプスを合わせた。

そして耳元には故ダイアナ妃が所有したパールのドロップイヤリングが輝き、コートドレスの襟には戦没者を追悼する赤いポピーと、ダイヤモンドのブローチをつけていた。

式典前には、ロンドンのホワイトホールにある戦没者記念碑「セノタフ」でセレモニーが開催され、ウィリアム王子がエリザベス女王に代わって花輪を捧げた。

ウェストミンスター寺院に到着したウィリアム王子夫妻は、同寺院の首席司祭から歓迎を受けたあと、オーストラリアとニュージーランドの在英コミュニティから集まった数百人のゲストとともに、追悼式に参加した。

画像は『Duke and Duchess of Cambridge 2022年1月9日付Instagram「Thank you for all of your very kind birthday wishes, and to Paolo and the National Portrait Gallery for these three special portraits. C」、2022年4月25日付Instagram「Commemorating Australians and New Zealanders who have lost their lives in conflict and paying thanks to all those who have served this #AnzacDay.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)