キム・カーダシアン、「METガラ」でマリリン・モンローの伝説ドレスを着るため3週間で7キロ減量

キム・カーダシアン、「METガラ」でマリリン・モンローの伝説ドレスを着るため3週間で7キロ減量

キム・カーダシアン、「METガラ」でマリリン・モンローの伝説ドレスを着るため3週間で7キロ減量の画像

ファッションの祭典「METガラ」のレッドカーペットに、キム・カーダシアン(41)が恋人ピート・デヴィッドソン(28)を伴って登場した。キムはマリリン・モンローが実際に着用した伝説のドレスを着るため、短期間で7キロ減量する厳しいダイエットを実行したという。


現地時間2日、米ニューヨークのメトロポリタン美術館でファッションの祭典「METガラ」2022年が開催された。米版『VOGUE』の編集長アナ・ウィンターが1995年に開始した同イベントは、メトロポリタン美術館コスチューム・インスティテュートへの資金調達の場として毎年5月の第1月曜日に行われる。2020年はパンデミックで中止され、2021年は9月に延期された。

今年のイベントでは、キム・カーダシアンとピート・デヴィッドソンがカップルとして「METガラ」デビューを果たし、レッドカーペットで写真撮影を行った。

キムはブロンドに染めた髪をひとつにまとめ、ダイヤモンドのイヤリングをつけていた。白いファーのジャケットの下に着ていたのは、故マリリン・モンローが実際に着用した伝説のドレスだ。

マリリンは亡くなるわずか3か月前の1962年5月19日、このドレスを着てジョン・F・ケネディ大統領に『ハッピーバースデー』を歌った。

ドレスは2016年に競売に出され、フロリダ州オーランドの博物館「Ripley’s Believe It or Not!」が481万ドル(約6億2600万円)で落札。その後、同博物館に展示されていたものを今回キムが借用した。

キムは会場で、博物館にてドレスを試着した時のことを語ったが、ドレスは施錠された箱に展示されており、キムが試着する際には警備員によって運ばれてきたそうだ。指示通り手袋をはめてドレスを試着すると、次のような事態になったという。

「マリリンは特別な曲線美の体型だから、場所によってサイズが合わないと思っていた。私の身体にフィットしないと分かった時には、泣きたくなった。サイズ直しができないから。」

キムはドレスに体型を合わせるため、3週間で16ポンド(約7.3キロ)減量する決意をし、厳格なダイエットを始めた。

「1日2回サウナスーツを着て、ルームランナーで走り、砂糖と炭水化物をすべてカットして、野菜とタンパク質だけを食べていた。飢えはしなかったけど、凄く厳しくした。」

そして1か月後、再びオーランドの博物館を訪れてドレスを試着した。この時キムは、ドレスが手袋のようにフィットしたことを実感し「嬉しくて泣きたかった」と話した。

キムは短期間のダイエットに挑んだことについて、「まるで役作りのようなチャレンジだった」と説明している。

画像は『Kim Kardashian 2022年5月2日付Instagram「Met Gala – In America: An Anthology of Fashion」』『Vogue 2022年5月2日付Instagram「@kimkardashian channels Marilyn Monroe alongside Pete Davidson in @dior Men, at the 2022 #MetGala.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan 編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)