ソフィー・ターナー、ジョー・ジョナスとの第2子妊娠を認める「家族が増えるのは最高の恩恵」

ソフィー・ターナー、ジョー・ジョナスとの第2子妊娠を認める「家族が増えるのは最高の恩恵」

ソフィー・ターナー、ジョー・ジョナスとの第2子妊娠を認める「家族が増えるのは最高の恩恵」の画像

英出身女優ソフィー・ターナー(26)が、夫ジョー・ジョナス(32)との第2子を妊娠中であることを明かした。ソフィーは今年2月に妊娠説が浮上するもコメントなどしておらず、今回初めて正式に事実関係を認めた。


ソフィー・ターナーが英版『ELLE』のインタビューに応じ、夫で「ジョナス・ブラザーズ」の次男ジョー・ジョナスとの第2子を妊娠していると告白した。

ソフィーは今年2月、ロサンゼルスでジョーと散歩する姿がキャッチされた際、お腹がふっくらしていたことから第2子妊娠説が浮上した。さらに3月には、クロップ丈のトップスを着たソフィーが膨らんだ腹部をあらわにして散歩するところがパパラッチされていた。

今回のインタビューでソフィーは「私にとっての人生とは、次の世代を育てること」と述べ、ジョーとの第1子女児ウィラちゃん(Willa)に言及。「娘がすくすくと成長していく姿を見るのは、人生最高の喜び」と話した。

その後「私達は家族が増えることに興奮している。これまでで最高の恩恵よ」と、第2子妊娠中であることをようやく認めたのである。

ソフィーは現地時間2日、ニューヨークで開催した「METガラ」のレッドカーペットにジョーと並んで登場したばかりだ。「ルイ・ヴィトン」の黒いドレスを纏ったソフィーは、ふっくらとしたお腹を片手で抱えてポーズを取っていた。

ソフィーとジョーは、2017年10月に婚約。2019年5月に米ラスベガスの「リトル・ホワイト・チャペル」で“簡易婚”を挙げ、6月には南仏サリアンに佇む城「シャトー・ドゥ・トゥロー(Chateau de Tourreau)」で豪華挙式を執り行った。

2020年2月には夫妻の第1子妊娠説が報じられ、7月にはウィラちゃんが誕生した。当時、夫妻の代理人はメディアの取材に応じ「ソフィーとジョーは、赤ちゃんの誕生をご報告できることを嬉しく思っております」と発表していた。

『ELLE』のインタビューでソフィーは、もうすぐ2歳になるウィラちゃんが母親のお腹が大きくなったことに困惑しているようだと話した。

「私がお腹を指さして『何が入っているのかな?』と言うと、娘は『ベイビー』と答えるわ。だけど、自分やパパのお腹も指さして『ベイビー』と言うのよ。」

ソフィーによると、どうやらウィラちゃんはお腹そのものを“ベイビー”と呼ぶものだと思っているそうだ。それでもウィラちゃんは、もうすぐきょうだいが生まれることに気付いている様子だという。

「娘は最近、以前よりも私にくっついてくるから何か考えがあるのかも。ずっとママを独り占めしたくて、テリトリーを主張しているのかもね。」

画像は『Vogue 2022年5月3日付Instagram「@sophiet and @joejonas make an adorable appearance at the 2022 #MetGala.」』『ELLE UK 2022年5月4日付Instagram「It’s what life is about for me – raising the next generation.」「I’ve done the big franchises.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)