キム・カーダシアン、「METガラ」後に別のマリリン・モンローのドレスを着る

キム・カーダシアン、「METガラ」後に別のマリリン・モンローのドレスを着る

キム・カーダシアン、「METガラ」後に別のマリリン・モンローのドレスを着るの画像

キム・カーダシアンが「METガラ」後のホテルの部屋で、マリリン・モンローが着用した2枚目のドレスを着る姿を公開した。キムは同イベントのレッドカーペットで、マリリンが1962年に着た伝説のドレスを纏って登場し、物議を醸したばかりだった。


キム・カーダシアンは現地時間2日、ニューヨークで開催したファッションの祭典「METガラ」のレッドカーペットで、生前のマリリン・モンローが着た伝説のドレスを纏って登場した。

ドレスはマリリンが亡くなる3か月前の1962年5月19日、ジョン・F・ケネディ大統領に向けて『ハッピーバースデー』を歌った時のアイコニックなものだ。現在はフロリダ州オーランドの博物館「Ripley’s Believe It or Not!」が所有し、施錠したケースの中で展示されているものをキムが借用した。

会場でキムはドレスを試着時にフィットしなかったため、3週間で約7キロ減量したと明かした。すると専門家達から「無責任な発言だ」「ドレスを傷める恐れがある」などと非難が殺到していた。

しかしキムはこういった批判にも懲りず、6日に自身のInstagramを更新。「METガラ」後のホテルの部屋で、別のマリリンのドレスを着た姿を披露したのである。

写真ではシークインを施したグリーンのドレスを着たキムがベッドの傍らに立ち、片手にトロフィーを持っていた。

キムはこのドレスについて「『MET』の後、マリリン・モンローが1963年のゴールデングローブ賞授賞式で着たノーマン・ノレルのドレスに着替えるという名誉を得ました」と説明し、同授賞式でマリリンがヘンリエッタ賞(世界でもっとも好かれた女優)を受賞したと加えた。

キムはレッドカーペットで着る伝説のドレスを探していた際、「Ripley’s Believe It or Not!」がグリーンのドレスも所有していることを知ったという。

さらに偶然にもこの事実を知ったのは、キムの友人でフラワーコーディネーターのジェフ・リーサムさんがゴールデングローブ賞を獲得した日だった。写真でキムが持っているのは、ジェフさんから借用したトロフィーとみられる。

キムはこれらの出来事について「すべての星が一直線に並んだ証だと思った」と記し、「このような特別な夜に、私の内なるマリリンを表現できたことは、永遠に私の人生最大の特権のひとつとなるでしょう」と述べた。

マリリンは授賞式で、このドレスをストラップを首に回したホルタースタイルで着こなしていた。

キムは自身のInstagramストーリーでマリリンと同じスタイルで試着する姿を披露したが、最終的には前身頃を上半身にフィットさせマリリンとは違った着こなしをしていた。

マリリンのドレスを着て物議を醸したばかりのキムが新たな写真を公開したことに、ファンはSNSで「挑発が上手すぎて鳥肌が立った」「自分がやってることが分かってる。そんな彼女が好き」などとコメントしている。

画像は『Kim Kardashian 2022年3月26日付Instagram「K I M thx @ericdajeweler」、2022年5月6日付Instagram「To top off my night after The Met, I had the honor of changing into Marilyn Monroe’s Norman Norell dress that she wore to the Golden Globes in 1962」、2022年5月6日付Instagram』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)