アデル、恋人と75億円新居に住み始める 豪邸はかつてシルヴェスター・スタローンが所有

アデル、恋人と75億円新居に住み始める 豪邸はかつてシルヴェスター・スタローンが所有

アデル、恋人と75億円新居に住み始める 豪邸はかつてシルヴェスター・スタローンが所有の画像

歌手アデル(34)が、恋人でNBAエージェントのリッチ・ポール氏(40)とビバリーヒルズの新居に住み始めたことが明らかになった。アデルはリッチ氏と昨年7月に交際説が浮上、9月にはツーショットを公開して恋人同士であることを認めていた。


アデルが現地時間11日、自身のInstagramで恋人リッチ・ポール氏との仲睦まじい数枚のツーショットを公開した。

そのうちの1枚にアデルとリッチ氏が巨大な豪邸の前に立ち鍵を掲げてポーズを取る姿があり、このことから2人は一緒に新居に引っ越したとみられている。

アデルは今年1月、俳優シルヴェスター・スタローンがビバリーヒルズに所有する豪邸を、5800万ドル(約75億円)で購入したと報じられた。物件は当初、1億1千万ドル(約140億円)の希望価格で売り出されていたがなかなか買い手がつかず、価格がほぼ半額になった後、アデルが購入を決断したようだ。

アデルはこの他にもビバリーヒルズに3軒の豪邸を所有しており、リッチ氏との新居は4軒目の邸宅となる。

今回購入した豪邸は「メガマンションの王」の異名で知られるカナダ系米国人建築家リチャード・ランドリーによる設計だ。邸宅内には8部屋の寝室と12室のバスルームのほかにサウナとスチームルーム、オフィスとテラスを備えたマスタースイートルームや、シネマ、プール、スパ、アートスタジオ、ゴルフのパッティンググリーン、車8台分の車庫などが備わっている。

投稿ではこの他にも、リッチ氏と撮影した微笑ましいプライベートショットを公開している。

そのうちのひとつはファストフード店でリッチ氏が客に扮し、カウンター内に立つアデルが大笑いしている様子だ。傍らにはマスク姿のスタッフが集まり、2人の姿を楽しそうに眺めている。

レジには「マクドナルド」のロゴが、背後には「ハッピーバレンタイン!」の看板があることから、2人はバレンタイン当日は豪華なレストランではなくファストフード店を訪れていたようだ。

さらにお揃いのTシャツを着た2人がスポーツ観戦をしているとみられる姿、コンサートの楽屋でキスを交わす様子なども公開された。

最後には、フォーチュンクッキーから出たと思われる紙に「あなたは良い相手に巡りあえた」と書かれたメッセージを披露した。

アデルは34歳の誕生日を迎えた今月5日、自身のInstagramにてこの一年で生活が大きく変化したことを綴っていた。

「一年でこんなに変わるなんて。このまま時間が私の人生のシワを癒して滑らかにするなら、60歳になるのが待ち遠しい。こんなに幸せだったことはないわ。多くの学びと恵に感謝している。34歳になって嬉しい!」

画像は『Adele 2022年5月11日付Instagram「Time flies」、2022年5月5日付Instagram「What a difference a year makes!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)