エリザベス女王「ロイヤル・ウィンザー・ホースショー」を観戦 愛馬の優勝に歓喜する姿も

エリザベス女王「ロイヤル・ウィンザー・ホースショー」を観戦 愛馬の優勝に歓喜する姿も

エリザベス女王「ロイヤル・ウィンザー・ホースショー」を観戦 愛馬の優勝に歓喜する姿もの画像

エリザベス女王(96)が、毎年恒例の馬術競技大会「ロイヤル・ウィンザー・ホース・ショー」の観戦に訪れた。レンジローバーで到着した女王は杖をついて観客席まで歩き、所有するポニーが優勝する姿を見守った。


現地時間12日、ウィンザー城の敷地内で4日間にわたり開催する「ロイヤル・ウィンザー・ホース・ショー」が開幕した。

同大会は1943年に開始して以来、毎年開催される伝統行事だ。現在では英国で唯一開催される障害飛越、馬術、馬上馬術、エンデュランスの国際競技大会として知られている。

エリザベス女王が所有するポニーも競技に参加しており、女王は開催以来、毎年観戦に訪れている。

女王は10日にロンドンのウェストミンスター宮殿(国会議事堂)で開催した伝統行事「国会開会式(The State Opening of Parliament)」を欠席し、チャールズ皇太子が女王の代理を務めた。

声明では「一時的だが移動するのが困難であるため」と述べ、医師の助言により女王が決断を下したと伝えていた。

大会2日目を迎えた13日には、エリザベス女王が愛車レンジローバーの助手席に乗って会場に現れ、元気な笑顔を見せた。女王が公の場に姿を現したのは、3月29日に執り行われた故エディンバラ公フィリップ王配の追悼礼拝以来のことだ。

英メディア『Daily Mail Online』によると、車両が競技場に到着すると周囲から拍手と歓声が沸き起こり、女王が車窓越しにショーの関係者と思われる人々に話しかけたり、馬の姿を見たりしていたという。

サングラスをかけた女王は白いブラウスに紺色のカーディガンを羽織った装いで、しばらくは車中にいたが、およそ1時間後には杖をつきながらゆっくりと歩いてグランドスタンドの席へと向かった。末っ子エドワード王子の隣に着席すると、観戦に訪れたことをとても楽しんでいる様子だったそうだ。

競技では、女王が所有する3頭のポニーが参加した。そのうちの1頭“バルモラル・レイア(Balmoral Leia)”がハイランド・クラスで優勝すると、観客席で歓喜する女王にトロフィーが手渡された。

会場では、エドワード王子の妻ソフィー妃も女王をサポートするために来場していた。夫妻の長女レディ・ルイーズ・ウィンザーはエディンバラ公の馬車を操り、「フェルポニー協会100周年記念」パレードを先導した。女王は孫娘にあたるルイーズさんの晴れの舞台を、誇らしげに見ていたという。

その後、女王は杖をついて歩きながらレンジローバーに戻り、観衆に手を振りながらウィンザー城へと戻って行った。

画像は『The Royal Family 2022年3月25日付Instagram「This week at Windsor Castle, The Queen viewed a selection of enamel and fine bone china artefacts from @HalcyonDays_UK,」、2022年4月20日付Instagram「Ahead of The Queen’s 96th Birthday tomorrow,」』『Royal Windsor Horse Show 2022年5月13日付Instagram「It was a pleasure to have Her Majesty The Queen at Royal Windsor Horse Show today and congratulations on her Championship win!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)