デヴィッド・ベッカムがストーカー被害 被告の女「ハーパーちゃんは自分の娘」と思い込む

デヴィッド・ベッカムがストーカー被害 被告の女「ハーパーちゃんは自分の娘」と思い込む

デヴィッド・ベッカムがストーカー被害 被告の女「ハーパーちゃんは自分の娘」と思い込むの画像

デヴィッド・ベッカムにストーカー行為を繰り返した女に対する法廷審問が行われた。女はデヴィッドが自分の卵子を盗んだり、末っ子ハーパーちゃんが自分の娘だと思い込んでいるという。女は昨年11月にハーパーちゃんが通う小学校に姿を現し、その時に逮捕されていた。


現地時間13日、ロンドンのウェストミンスター治安判事裁判所でデヴィッド・ベッカムにストーカー行為を働いたシャロン・ベル(Sharon Bell、58)に対する法廷審問が行われた。

ベルは2021年7月と9月、オックスフォードとロンドンにあるベッカム家の自宅に手紙を送り付けた後、両方の邸宅前に姿を現していた。

検事のアリズナ・アサンテ氏によると、ベルは同年10月にもベッカム家のロンドンの自宅に手紙を送り付けていた。その内容は、ベッカム夫妻の末っ子ハーパーちゃんが通う小学校に行く意思があることを改めて伝えたものだった。

ベルは翌月11月18日に小学校に赴き、その場で逮捕された。なおベルは現在、隔離入院しているため審理には出席しなかった。

アサンテ氏は法廷で「ベルは警察だけでなく精神科医にもこう言ったのです。『実際にデヴィッド・ベッカムと交際している』と。『デヴィッドが私の卵子を盗み、ハーパー・ベッカムは自分の嫡出子だ』と妄想している」と説明した。

そして同氏は、ベルがそのような妄想を抱いていたことからハーパーちゃんの学校に姿を現したのだと述べた。

さらにストーカー行為によってデヴィッドが受けた影響について、このように語っている。

「彼は家族の安全に脅威を感じており、この行動は標的を定めた威嚇的なものだと信じている。彼は被告のことを全く知らず、子供達の母親ではないと言っている。」

一方でベルの弁護士リサ・ウィルソン氏は、クライアントが裁判を受けるにふさわしくないと裁判所に判断された場合、彼女の主張について質問できるように審理の時点で休暇中のベッカム夫妻を証人として呼び出して欲しいと伝えた。

裁判官は、ベルがデヴィッドの自宅に一連の手紙を送り、2度にわたって自宅に通ったことや11月には子供と話すために学校に現れた事実は認められたことを述べたものの、「これらはベッカム氏が直接目撃したものではない」と言い、「(ベッカムの妻の)ヴィクトリア・ベッカムさんが唯一出せる証拠は、彼女がベルの行動によって家族の安全が脅かされたと感じたということだけだ」と告げた。

裁判官は、民事上の暫定的なストーカー行為防止命令を訴訟手続きの終了まで延長。その結果、被告が「精神医学的なルート」に進む可能性が高いと指摘し、入院命令を出した。

画像は『David Beckham 2021年10月11日付Instagram「Today on #DayOfTheGirl」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)