ジェイソン・モモア、システィーナ礼拝堂内での写真撮影を謝罪「私の意図ではなかった」

ジェイソン・モモア、システィーナ礼拝堂内での写真撮影を謝罪「私の意図ではなかった」

ジェイソン・モモア、システィーナ礼拝堂内での写真撮影を謝罪「私の意図ではなかった」の画像

俳優ジェイソン・モモア(42)が、バチカン市国のシスティーナ礼拝堂内で禁止されている写真・動画撮影を行ったことを謝罪した。ジェイソンは動画で「私の意図ではなかった」と釈明し、正式に謝罪。また「プライベートな時間を過ごすためにお金を払い、礼拝堂に素晴らしい寄付をした」とも明かした。


ジェイソン・モモアは現在、映画『ワイルドスピード』シリーズの第10作『Fast X(原題)』の撮影でイタリアに滞在中だ。

現地時間8日には、首都ローマの中にあるバチカン市国でシスティーナ礼拝堂を訪れる様子を自身のInstagramに公開した。

投稿したのは、ジェイソンと複数の男女がミケランジェロの有名な祭壇画「最後の審判」の前でポーズを取る数枚の写真やこの壁画を近くで捉えた動画だ。

ジェイソンは「愛してるよイタリア。なんて素敵なローマを楽しむ一日の始まりなんだろう」と言葉を添えた。

だがシスティーナ礼拝堂の内部では写真や動画撮影を行うことは固く禁じられているため、それを知るフォロワーからはこのようなコメントが寄せられた。

「私達のような一般人は、システィーナ礼拝堂の内部を撮影することは許されないのよ。」
「僕達は撮影がダメなのに、セレブはいいんだ。ジェイソンに恨みはないけど不公平だな。」
「写真撮影を許可してもらえたの? イタリアを楽しんでね!」

そういった批判を受け、ジェイソンは14日に米メディア『Just Jared』を通して動画を公開し、「もしも、私があなたの文化を軽視したと感じたなら、それは私の意図ではなかった」と述べた。

そして「私は19歳か20歳の頃、システィーナ礼拝堂を体験するためにここを訪れた」と言い、「ずっとしたかったことがやっと可能になった。礼拝堂に寄付し、撮影の2、3日の休みを利用して、友人や映画撮影のクルーを連れてこの場所に来た」と説明した。

さらに礼拝堂内で禁じられている写真撮影を行ったことについて、このように釈明した。

「周囲にいる人々が私と写真を撮りたがった。驚異に満ちたバチカン旅行中に、私と写真を撮りたいなんて。とても奇妙で理解できなかったが、私はそれに応じた。」

続けて礼拝堂に対する謝罪の意を述べた。

「私は大いに敬意を払い、オッケーかと許可を尋ねた。私は決して他の文化を軽視していない。私がもしそうしたのなら、謝罪します。」

そして最後に「私の意図することではなかった。プライベートな時間を過ごすためにお金を払い、教会に素晴らしい寄付をした。愛している。もし気を悪くさせたなら、謝ります」と改めて伝えた。

画像は『Jason Momoa 2022年10月17日付Instagram「what a beautiful day with my DUNE ohana.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)