ジョニー・デップの女性弁護士、アンバー・ハードのDV被害は「虚無である」と主張

ジョニー・デップの女性弁護士、アンバー・ハードのDV被害は「虚無である」と主張

ジョニー・デップの女性弁護士、アンバー・ハードのDV被害は「虚無である」と主張の画像

ジョニー・デップが元妻で女優のアンバー・ハードを名誉棄損で訴えている裁判で、陪審員による審議が開始された。最終弁論を行ったジョニーの女性弁護士は、アンバーがDV被害者だという主張が「虚無であり名誉棄損だ」と強く否定した。


ジョニー・デップは、2018年に米紙『Washington Post』が掲載したアンバー・ハードの寄稿文が自身への名誉棄損にあたるとして、アンバーに損害賠償を求めて提訴した。

民事裁判は、現地時間4月11日に米バージニア州フェアファックスで開始。1か月以上にわたる裁判で、5月27日にはジョニーとアンバーの弁護士が最終弁論を行い、陪審員による審査が開始された。

当日の法廷では、ジョニーの女性弁護士カミール・ヴァスケス氏が「実際この法廷には虐待者がいるが、それはデップ氏ではない。この法廷には家庭内暴力の被害者がいるが、それはハード氏ではない」と言い、アンバーがDV被害の主張を歪曲していることを訴えた。

そして「彼女は深い問題を抱えた人物だ。見捨てられることを激しく恐れ、注目と承認を得ることに必死になっている」と述べ、こう続けた。

「圧倒的な証拠とその重みは、それがハード氏の話でないことを示している。このことはデップ氏のみならず、家庭内暴力の真の被害者に対しても大変残虐な行為だ。ハード氏がDV被害者を代表する公人であるかのように装ったことは、虚無であり名誉毀損で、回復不能な損害を与えるものだ。」

一方、アンバーの弁護士ベン・ロッテンボーン氏は陪審員に向けて「デップ氏は、アンバーを一度も虐待したことがないとみなさんに証明できない」と言い、ジョニーがアンバーを虐待したことがないと証明できない限り、彼女の勝利になると述べた。

さらに「アンバーに不利な判決を下すということは、虐待の被害者として何をしても常にもっとやらなければいけないというメッセージを送ることになる」と述べ、こう主張した。

「何を記録しても、もっと記録しなくてはならない。誰に話そうが、もっと多くの人に話さなければならない。いくら自分の不完全さや恋愛における自分の欠点について正直に打ち明けたとしても、他人に信じてもらうには完璧でいなければならない。このようなメッセージを送らないようにしてください。」

なお陪審員がいつ判断を下すかについては、現在のところ未定だ。

画像2、3枚目は『Law&Crime Network 2022年5月28日付Twitter「Attorney Elaine Bredehoft defends #AmberHeard’s failure to make donation payments to charities.」「#CamilleVasquez said that no one showed up to support #AmberHeard, except for her sister Whitney Henriquez.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)