エリザベス女王、「トゥルーピング・ザ・カラー」で宮殿バルコニーに登場

エリザベス女王、「トゥルーピング・ザ・カラー」で宮殿バルコニーに登場

エリザベス女王、「トゥルーピング・ザ・カラー」で宮殿バルコニーに登場の画像

エリザベス女王(96)の即位70周年を祝う「プラチナ・ジュビリー」の記念式典の幕開け「トゥルーピング・ザ・カラー」が開催された。女王はバッキンガム宮殿のバルコニーに登場し、王室メンバーとともに英国空軍の祝賀飛行を見学した。


現地時間2日、エリザベス女王の公式誕生日祝賀祭「トゥルーピング・ザ・カラー」が開催された。女王は4月21日の誕生日をプライベートで祝福するため、毎年6月に公式誕生日として軍事パレードや祝砲などによる盛大な祝祭が行われる。

2020年と2021年はパンデミックのため、ウィンザー城の敷地内で縮小した式典が行われた。

今年は「トゥルーピング・ザ・カラー」を幕開けとし、女王の即位70周年の記念祭「プラチナ・ジュビリー」が4日間にわたり開催される特別な週末となる。

2日の午前には1200人以上の将校と兵士、240頭の王室師団の馬による、盛大な軍事パレードによる祝賀祭が開始された。数百人の陸軍音楽隊も参加し、アイリッシュガーズ第1大隊が率いるパレードに華を添えた。

通常であれば、女王と王室メンバーは馬車に乗ってパレードに参加するが、女王は最近歩行が困難であるため、馬車による移動は避けて宮殿に留まった。

チャールズ皇太子とウィリアム王子、アン王女は馬に乗ってパレードに参加。皇太子は女王の代理で敬礼をすると、王室師団の部隊を視察した。

この後、王室騎兵乗馬連隊と衛兵隊が宮殿に帰還すると、エリザベス女王が従弟のケント公エドワード王子を伴い、杖をついてバルコニーに登場した。

女王が着ていたのは「アンジェラ・ケリー」による淡いブルーのドレスだ。ネックラインと前身ごろにパールとディアマンテの装飾が流れるように施されている。ドレスとお揃いの帽子は、つばの部分が上向きになったデザインだ。

しばらくすると女王とケント公爵は一旦宮殿内へ戻ったが、午後1時には女王が再び王室メンバーとともにバルコニーに現れた。王室メンバーが勢揃いすると、宮殿前に集まった何千人もの王室ファンからは「万歳」という大歓声が沸き起こった。

女王はチャールズ皇太子とキャサリン妃の間に立ち、英国空軍の祝賀飛行を見学した。女王の隣では、ウィリアム王子とキャサリン妃の第3子ルイ王子が耳をふさぐなど、お茶目な仕草を見せていた。女王はルイ王子と笑顔で話したり、上空を飛ぶ飛行機を指さすなどしていた。

画像は『The Royal Family 2022年6月2日付Instagram「Thank you for a wonderful first day of the #PlatinumJubilee Celebration Weekend!」』『Duke and Duchess of Cambridge 2022年6月2日付Instagram「Joining Her Majesty The Queen and other members of @TheRoyalFamily for Trooping The Colour and to watch a very special flypast for the start of the #PlatinumJubilee」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)