ヘンリー王子とメーガン妃、「プラチナ・ジュビリー」記念祝典の終了直前に英国を去る

ヘンリー王子とメーガン妃、「プラチナ・ジュビリー」記念祝典の終了直前に英国を去る

ヘンリー王子とメーガン妃、「プラチナ・ジュビリー」記念祝典の終了直前に英国を去るの画像

ヘンリー王子とメーガン妃が、エリザベス女王の即位70周年「プラチナ・ジュビリー」記念祝典が終了する直前に、英国を飛び去ったことが明らかになった。4日間にわたる祝祭の最終日にはエリザベス女王と王室上級メンバーがバッキンガム宮殿のバルコニーに登場したが、夫妻はこの時すでに米国に向かうジェット機に乗っていたという。


ヘンリー王子とメーガン妃は、息子アーチー君(3)と娘リリベットちゃん(1)を伴い、エリザベス女王の即位70周年「プラチナ・ジュビリー」に参加するため英国に帰国し、ウィンザーのフロッグモア・コテージに滞在していた。

夫妻は現地時間2日に開催した「トゥルーピング・ザ・カラー」でバッキンガム宮殿のバルコニーには登場しなかったが、ホース・ガーズの少佐執務室の窓際にいる姿がキャッチされた。

翌3日にセントポール大聖堂で行われた記念礼拝には参列し、王室最上級メンバーとは通路を隔てた場所に着席していた。4日にはバッキンガム宮殿前で野外コンサートが開催されたが、ヘンリー王子夫妻の姿は見られなかった。

5日には記念祝典の最終日を迎え、午後2時半にはロンドン中心部で「プラチナ・ジュビリー・ページェント」と呼ばれるパレードがスタートした。

英メディア『The Sun』によると、最終日を飾るパレードが始まった時にヘンリー王子一家はすでに英国を去っていたという。

一家は同日の昼頃にフロッグモア・コテージから車で移動し、午後1時半にはハンプシャー州にあるファーンバラ空港から米カリフォルニア州に向けて飛び立ったそうだ。

記念祝典の最終日を飾る「プラチナ・ジュビリー・ページェント」は、過去70年間にわたる英国文化とエリザベス女王の歴史を物語るパレードで、何万人もの人々が見学に訪れ、英国旗を振りかざして祝福した。

およそ2時間半にわたるパレードの最後には、バッキンガム宮殿のバルコニーにエリザベス女王がサプライズ登場し、チャールズ皇太子夫妻やウィリアム王子一家と一緒に手を振った。

今回、カリフォルニア州から訪れたヘンリー王子一家の往復の旅費は、およそ16万ポンド(約2600万円)と推定されているが、その費用を誰が負担したのかは不明である。

『The Sun』の情報筋は「彼らはファンファーレもなく、ただ去って行った。彼らは、女王の70年間にわたる治世の間、英国と風変わりでエキセントリックな文化を祝うプラチナ・ジュビリー・ページェントのために、留まることはなかったのです」と明かしている。

なおヘンリー王子夫妻の第2子リリベットちゃんは、4日に1歳の誕生日を迎えた。同メディアによると、当日の夫妻はガーデンパーティを開催し、女王の孫ザラ・ティンダルさんと夫マイクさんの子供達を含む若い王族メンバーと一緒に祝福したという。

画像は『Clarence House 2022年6月3日付Instagram「Thank you, Your Majesty, for 70 years of unwavering and dedicated service」、2022年6月6日付Instagram「What a finale!」「Thank you, Your Majesty.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)