ジョニー・デップ、開設したTikTokでファンにメッセージも元妻アンバーが反論「女性の権利が後退している」

ジョニー・デップ、開設したTikTokでファンにメッセージも元妻アンバーが反論「女性の権利が後退している」

ジョニー・デップ、開設したTikTokでファンにメッセージも元妻アンバーが反論「女性の権利が後退している」の画像

ジョニー・デップ(58)が元妻アンバー・ハード(36)に対する名誉棄損裁判で勝訴後、TikTokアカウントを開設した。ジョニーが動画でファンに向けて「僕達は前進する」とメッセージを伝えると、アンバー側が声明文で「女性の権利が後退している」と強く反論した。


ジョニー・デップは2018年に米紙『Washington Post』が掲載したアンバー・ハードの寄稿文が自身への名誉棄損にあたるとして、5000万ドル(約63億円)の損害賠償を求める裁判を起こしていた。

アンバーは自身がDVの被害者であると明かし、記事で名前は出さなかったものの、加害者がジョニーであることを示唆する内容だった。

米フィラデルフィア州での6週間におよぶ民事裁判の結果、今月1日には陪審員の圧倒的な支持を受けてジョニーが勝利した。これによりアンバーは、ジョニーに1500万ドル(約19億5千万円)の賠償金支払いが命じられたのである。

裁判終了後にはジョニーが極秘で渡英し、ジェフ・ベックのコンサートにサプライズ登場。勝利が決定した1日には、英ニューキャッスルのパブでジェフと一緒にいる姿が目撃されていた。同日には声明文を発表し、「陪審員が私の人生を取り戻してくれた」と感謝の意を述べていた。

さらに後日、ジョニーはTikTokアカウントを開設し、過去数週間の自身の私生活の様子のモンタージュを公開した。投稿後わずか1時間足らずで再生回数が100万回を突破し、42万件以上の「いいね!」を獲得。8日時点でフォロワー数は700万人を上回っている。

ジョニーは動画で支持してくれたファンに向けて感謝の言葉を述べた後、「僕達は正しいことをした。みなさんが気にかけてくれたからだ。そして今、僕達はみんな前に進もうとしている」と伝えた。

この発言に対しアンバーの広報担当者が声明を発表し、ジョニーの発言に強く反論した。

「ジョニー・デップが『前進する』と言うとともに、女性の権利は後退している。DV被害者に対する判決は、立ち上がり声を上げることを恐れるように、というメッセージなのです。」

アンバー側からこのような意見が出たのは、今回が初めてではない。1日の評決後には、アンバーが自身のInstagramでこのように綴っていた。

「今日の失望感は言葉では言い表せないほどです。元夫の不釣り合いな権力や影響力に立ち向かうには、山のような証拠があっても物足りなかったと胸を痛めています。」

そして「この判決が他の女性達にとって何を意味するかということに、より失望している。これは後退です」と加え、こう続けた。

「発言した女性が公に恥をかかされ、屈辱を受ける可能性があった時代に逆戻りさせられる。女性に対する暴力は、深刻に受け止めるべきという考えを、後退させているのです。」

画像2〜4枚目は『Law&Crime Network 2022年6月3日付Twitter「NEW Sidebar: Following the #DeppvHeard verdict, can #AmberHeard be charged with perjury?」、2022年6月2日付Twitter「@Angenette5 highlights the top three moments that helped #JohnnyDepp win he #DeppvHeard defamation trial」』『Amber Heard 2022年6月1日付Instagram』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)